« それから | Main | 鳴禽 »

2004.12.01

dream.jpg

晏如への道に戸惑い自ずから逃げ出している
懇しむ胸が痛い
しかし君だけが夢で差し伸べてくれる
能う限り長くもっと捉まえていて欲しい

円頓への足を失くし幼気が涙している
論う声が苦しい
しかし君だけが夢で糾ってくれる
能う限り強くずっと抱きしめていて欲しい

愛染にこころ焦がし今から鶴首して待つ
赤らけむ頬が熱い
しかし君だけが夢で暖めてくれる
遠山の眉が緩む 燕雀の人は嘆く


たまには変わったものをと云う事で以前書いた稚拙な詩です。友達リンクにある「喘ぎ声を¥500で売るサイト」経営者のゆきひと氏とお遊びバンドを組んでいた時に、氏の作った曲に乗せたものでした。もう10年近く前になるような気がします。
氏とはビートルズも随分演奏しました。120曲近くはコピーしたのではないかと思います。お互いに若い時分でしたので、好きなバンドをやり、或る部位が病気になるまで女の子と遊び、相手が人間とは思えなくなるまで喧嘩をし、空き巣をしたり車上荒らしまでやっていましたね。まあ楽しい時代だったと云えるでしょう。
それほどの仲良しだった氏ですが、最近は偶然街中で会うと殴り合うほど険悪になってしまいました。理由は何故だか判然しないのですが、こう云う事も人生の中ではよくある事例だとは思います。

若い時には何でもやっておいた方が良いと耳にしますが、これにも限度がありまして私や氏のように若い頃に奔放を振る舞ったお陰で現在に苦労すると云う事も考えられる訳です。
あの頃の若い行動力を自分の選択した道へ向けていれば……と云う事です。時間が決して戻らない事は物理的にも知っているので後悔はしていないのですが、平生の生活に徒労を見出したりした時には、過去の自分を遠くから見詰めて寛大な笑みを浮かべたりする事もありますね。

と色々書いて見ましたが、実はドラクエⅧにはまってしまいまして、ブログ更新を手軽に出来ないかなあと云うのが正直なところで過去の惨めな遺産を引っ張り出して来た次第であります。
通常、私は夜の仕事をしているので帰宅するのが夜中になってしまいます。それから夕飯と風呂を済ませ、妻の相手をし寝かせ付けた後に5時間ほど自分の仕事をするのです。そして寝る前の30分から1時間を使ってブログ更新をしていると云った感じです。せっかく毎日更新しているのだから途切れさせたくないなあとも思っています。継続する事にこそ意義がありますからね。
それにヒット数を見ると1日に50人以上の方が訪問されているようですので、更新されていなかったら失礼にあたるとも考えています。ただ口コミでサイトを教えたのが3人だけで、あとはリンク関係もあるんでしょうけど一体誰がこんな所を見ているのか不思議ですね。果たして面白いのでしょうか。自分ではちょっと判断つきません。

自分の時間も削りたくない、毎日の更新も欠かしたくない、ドラクエも遊びたいと云う我儘を通す為に、今日のような拙い詩を曝す時があるかも知れない事をご容赦下さいませ。

|

« それから | Main | 鳴禽 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference :

« それから | Main | 鳴禽 »