« タイガーヘリ | Main | イメージファイト »

2005.03.23

レインボーアイランド

rainbow

1987年にタイトーから発表されたビデオゲームです。

名作「バブルボブル」の続編としてMTJ氏が企画したアクションパズル物の第2弾となります。前作が一般層までも巻き込んだ大人気作品だったと云う事で、ユーザーはもとよりオペレーターからも期待されていたものと思われます。タイトーの直営店では確実に2台以上が設置されていました。

先ず前作以上にポップなグラフィックの美しさに目を惹かれます。登場する2等身のキャラは何れもがコケティッシュな魅力を有していて憎めません。画面上に設置されたボーナスキャラもケーキや星、果物野菜とバラエティに富んでいて華やかさを提供してくれています。
音楽も素晴らしい音色を奏でるキャッチーなものとなっていて、喧擾に満ちたゲームセンター内でも一際耳に響いていました。

前作のファンでなくても遊んで見たいと思えるゲームに仕上がっていると云えるでしょう。
しかし実際には見た目の可愛らしさとは裏腹に難度が高く出来ていて、内容が複雑だった事から一部のマニアにしか楽しめないゲームだったのです。
稼働から一定期間を経た後に改造キットの「エキストラバージョン」に差し替えられたのですが、これがまた輪を掛けて難しくマニアにさえ受け入れられませんでした。


ただゲームシステムは非常に良く考えられた素晴らしいものとなっています。
操作はバブルボブルと同様に2方向レバーと、攻撃、ジャンプ2つのボタンを使用します。
任意縦スクロールのステージを頂上まで登り切ると1面クリアです。

攻撃ボタンを押す事で自機は「虹」を横方向へ発射します。「虹」は画面上にそのまま残留し独自の障害物となります。
敵は「虹」を隔てて移動や攻撃を制限され、自機は「虹」の上を歩けますから足場として利用する事で、上へ上へと登って行く事が出来るのです。「虹」から「虹」へとジャンプする事も可能となっています。

「虹」はボタンを押すと弧を描くように発射され、完全な形になるまで先端に攻撃判定を持っています。また完成したあとにジャンプなどでぶつかると、崩れて垂直に落下します。勿論その通過線上に存在する敵を纏めて倒す事が可能です。
完成以前に虹を崩した場合はグラフィックがキャンセルされて、完成後のグラフィックと当たり判定を以て落下して行きます。
全編を通してキャンセル崩しが攻撃の基本となっています。「虹」と「ジャンプ」をほぼ同時に押すと成立するこの技を繰り返す感覚は、テクニカルであり独特の爽快感を提供してくれます。

システマティックで優れた「虹」のアイディアではありますが、移動時に理不尽感も提供します。
虹の上を歩く際はその頂上まで強制的に移動させられてしまうのです。これが為に敵にやられる場面が多くなっています。
理由は上へと登って行くゲームシステムであるのに自機の攻撃が横方向のみで、頭上からの攻撃に弱いからだと云えます。本作唯一の矛盾であり最も大きな欠点でもあります。

難易度設定にも不備を見付ける事が出来ます。敵を虹崩しで倒すと死体がダイアモンドに変化するのですが、これを或る法則のもと7色集める事で、各ワールドのボス面で隠し扉が出現します。
そこで入手出来るパワーアップアイテムは自機が死亡しても外れないばかりか、ゲームバランスを崩してしまうほど強力なものばかりなのです。
隠し扉を出現させる条件はかなり難しい為に一般プレイヤーを無視しているとも考えられます。結局は上手いプレイヤーであればあるほど簡単になってしまう内容だと云えます。


企画として優れていてもゲーム的に楽しめない内容の典型となっているのが残念ですね。それでも私は当時かなり遊び込みました(億カンストまではやりませんでしたが)。大好きなバブルボブルの続編だったと云う事もありますが、やり込む事で随分と奥深くなるゲームだと分かっていたからだとも思われます。「BEEP」と云う雑誌でゲームデザイナー講座を連載していたMTJ氏への信頼もあった為でしょう。
クソゲーと呼ばれても仕様がないゲームではありますが、私の中では歴代ビデオゲーム・ベスト10に入るほどのお気に入りなのです。ただ他の方にお薦め出来るゲームだとは云えないのが悲しいところですね

|

« タイガーヘリ | Main | イメージファイト »

Comments

初めまして。このゲームを私が初めてプレイしたのはファミコン版でした。テレビゲームを遊んだこと自体、このゲームが最初だったかもしれません。一方のAC版はエキストラバージョンを駄菓子屋さんでプレイしました。

難しすぎてせいぜい二面までしかいけなかったような気がしています。とてもポップなキャラクターと素敵な音楽で子供心に大切に残っている素晴らしいゲームです。
私にとっても思い出のゲームのベスト5に入ります。

つい先日、作者の方がお亡くなりになられたという情報が入り非常に残念です。こんな素晴らしいゲームを作ってくださったことに感謝すると共に、MTJさんにご冥福をお祈りします。

Posted by: masa | 2009.02.03 at 02:57 AM

Good article. I will be experiencing some of these issues as well..

Posted by: free music downloads | 2015.02.26 at 01:47 PM

Saved as a favorite, I love your web site!

Posted by: match free trial coupon code | 2015.04.10 at 11:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57777/3404109

Listed below are links to weblogs that reference レインボーアイランド:

» ボビー・もんすた・どらんく [To3up fromTWICE]
.Sの新作が完成。若年層切捨てネタだがキニシナイ! バビーでない理由は現段階で入手可な緑ピンが2色しかないため。 にしても茶色足りネーヽ(`Д´)ノ パックマンの茶が少なすぎなので茶目当てにマリオ買ったら色が全然違うヨ!ヽ(`Д´)ノ あと完成記念に秋葉のレジャランで続編を遊んだら全クリできなかった_| ̄|○ ダイヤを赤から揃えるってマジで神経が磨り減るですよ(´Д⊂... [Read More]

Tracked on 2005.08.16 at 04:52 PM

« タイガーヘリ | Main | イメージファイト »