« グレートプリテンダー | Main | サイドポケット »

2005.04.25

F1サンマリノGP

smngp

しかしピット作戦の比重が減ったとは云えフェラーリのレース内戦略の素晴らしさには目を瞠るものがありました。そうしてMシューマッハの鬼神が如き追い上げ(13位スタートで2位フィニッシュ)……今年最も面白かったF1GPと云えるでしょう。

残り10周のアロンソとシューマッハのバトルは新旧交代を賭けた手に汗握る素晴らしいものでした。
BARホンダのバトンは毎回のように見せ場を作らないままちゃっかりと3位表彰台。佐藤琢磨も5位入賞と奮闘しましたが、チームオーダーからか後半は無理せず流していましたね。
トヨタは車の調子が悪かったようですがトゥルーリが大人の判断でポイントゲット。ラルフは全く印象にないばかりかペナルティまで受けていたようです。相変わらずの傍若無人なのかな。
PPのライコネンとルノーのフィジケラはどうもツキがありませんね。個人的には頑張って欲しいところなんですが。
ヴィルヌーヴは入賞しポイントを得た事でクビは免れそうですね。昔ファンだった私にとって悲しい存在ではありますけど……。

今年のF1はレギュレーションの大幅改正から詰まらない印象のまま熱くなれなかったのですが、今日のようなレースが毎回であれば面白く観戦出来ますね。
取り敢えずBARは下手にルノーのようなバランス重視のマシンを開発しないで欲しいと思います。パワーだけのマシンで琢磨を好きに走らせてくれないかなあ。世界のファンは間違いなくそれを期待しているのですから。

|

« グレートプリテンダー | Main | サイドポケット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference F1サンマリノGP:

» F1 Rd.4 サンマリノGP決勝結果続報(ラルフ、11位に降格、トヨタは提訴) [にこらすの徒然なるままに・・・]
『サンマリノGPの競技長は、ラルフ・シューマッハーの2回目のピットストップの際に、N.ハイドフェルド(ウィリアムズBMW)との間で起こった状況に関して、審査委員会に諮問した。審査委員会は、状況を再検討した上で、ラルフ・シューマッハーの行動が危険であったと判断して、25秒のペナルティを課す裁定を下した。 この裁定に対し、パナソニック・トヨタ・レーシング チーム代表の冨田務は、「競技規則に照らしても、極めて漠然とした説明と、過去にも同様な状況があったことも考慮して、今後のためにも、この問題を明確化するた... [Read More]

Tracked on 2005.04.25 01:26 PM

« グレートプリテンダー | Main | サイドポケット »