« Artwork | Main | 2005 ウインブルドンテニス »

2005.07.01

TIGER1

tiger12連休と云う僥倖を手に入れたので模型でも作ろうと思い、手持ちのキットをガサゴソと漁ること半時間。
組み立て自体が完成していたタミヤの1/35ティーガー1(極初期型)が出て来たので、これを作ろうと思いました。
制作は終わっているのだけれども色を塗っていない模型が十個以上あります。妻がラッカー塗料の臭いに弱い為に、どうしてもこの状態の物が溜まってしまうのですよねえ。

と云う事で、昨日仙台ボークスで購入したアクリル塗料を試す時が来ました。
上の画像は携帯で撮ったものなので分かり難いかも知れませんが、白→灰→黒と塗り、ブレンディングとサンディングで下地塗装を終わらせたものです。
このあとにハンブロールのエナメルを用いダークイエローを何回かに分けて塗り重ね基本色とし、汚し塗装を行って完成と云う運びになる予定です。

アクリル塗料は初めて使って見たのですが、思っていた以上に良い感じだと思いました。ラッカーに較べて伸びが良いようで、筆での扱いも簡単ですね。でも当初の目的であった臭いに関しては微妙だと感じました。ラッカーよりは良いけれどシンナー系の臭いに弱い人はやはり駄目……と云った感じでしょうか。

臭いの問題さえ解決出来たらアクリルに移行してガンガン完成品を増やそうと画策していたのですが、残念な事に水泡と帰しました。

家族のいる方は環境と人に害を及ぼす模型制作をどのように行っているのでしょうか?
私はまだ答えを見付けられずにいます。

|

« Artwork | Main | 2005 ウインブルドンテニス »

Comments

 始めまして、プラモ日記の根生です。
 私自身がラッカーの臭いが大の苦手で(こんなモデラーも珍しいと思いますが)もっぱら水性アクリルを使っています。タミヤの水性アクリルは筆で塗ると厚ぼったいのですが、エアブラシならへっちゃらです。結構キレイにぬれます。乾燥も実用上十分な速さです。そして、エナメルや油絵の具でウオッシング、ドライブラシをするのに何日も待たなくていいのが助かります。
 私はラッカーはだめなのですが、エナメル系溶剤のホワイトスピリット(とか言いましたかね?)はへっちゃらです。でも、アクリルはもっと臭いが無くていいですね。
 30年前、私が子供のころにプラモを作っていたころはもっぱらタミヤのエナメルでした。水性アクリルはありませんでしたからね。(たぶん)今は水性アクリルと言う便利なものが出来て助かっています。ホント長生きするものです。(笑)

Posted by: 根生 | 2005.07.14 03:27 PM

はじめまして根生さん。
プラモ日記、早速ブックマークさせていただきました。これからじっくり拝見します。

ピースコンは持っているのですが、もう何年も使っていません。最近はずっと筆塗りでしたので。
私の場合は下地をそのまま活かす塗装法で仕上げているので、筆の方が扱い易いんですよ。
成形色が使える時は基本塗装さえしない事もあります。

しかし最近のマテニアル類の充実には目を瞠るものがありますね。以前と比較して本当に恵まれているなと感じます。
なんとか啓蒙活動をして模型人口を増やして行きたいですね。

Posted by: 管理人ひとぴー | 2005.07.15 06:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TIGER1:

« Artwork | Main | 2005 ウインブルドンテニス »