« MPC ミレニアムファルコン (番外編) | Main | MPC ミレニアムファルコン (17) »

2005.09.22

MPC ミレニアムファルコン (16)

mpcfalcon22

久し振りに制作を再開しました。

前回切り取ってしまったデッキ部分をプラ板で自作です。
私はプラ板工作に苦手意識があって、かなり手こずるだろうと思っていたのですが、案外簡単に形となりました。まだ途中なのですが作業時間も3時間かかっていません。うち1時間はデッキ上の出っ張り部分をL字型にする事に費やしています。

案ずるより産むがモリッシーと云ったところでしょうか。
この部分がこれだけ簡単に出来るならば、全ての装甲板を作り直しても良いかな……と考えてしまうのですが、そうすると次は機体自体をフルスクラッチしたくなってしまいそうなので止めた方が良いですね。MPCファルコンを完成させるのが目標である事を忘れないようにしなければなりません。

以前上手く出来なかった作業が現在に楽を以て行える……これは模型を作っている際に能く遭遇する感覚だと思います。
直接の練習や勉強をしていなくても、なんらかの作業が別のスキルを上達させている為でしょうか?
苦手意識は自らを停滞させる悪に他なりません。とにかく実践に手を動かしてみるべきだと思い知らされました。

|

« MPC ミレニアムファルコン (番外編) | Main | MPC ミレニアムファルコン (17) »

Comments

こんにちわ。ご無沙汰しております。
実は私もプラ板積層のスクラッチがキライで
キライでしょうがなかったんですが、今回は
なんとなく上手くいった感じがします。案ずる
より産むが横山やすしって奴ですね(寒)。
手を動かしているうちに自然とスキルは身に
付いてくる、まったく同感であります。

こちらはあと武装類を残すのみとなりました。

Posted by: mapsmaps | 2005.09.22 at 08:55 AM

お久し振りですmapsmapsさん。

ストライクドッグ拝見しております。
濃いブルーが良い感じですね。スコープドッグと比較するとかなり大きく見えます。やはりオーバースケールなのですかねえ。

あと腕が小さく見えるのは、二の腕の薬莢を排出するパーツが小さいからだと思います。
ここもタカラ製スコープドッグが持つ欠点の一つですね。

途中までプロポーション改修しているスコープドッグがあるので、そのうち画像アップしようと思います。


プラ板工作が苦手なのは、私の場合だと性格がイケイケだからだと感じています。
下準備などせずにぶっつけ本番で進めてしまうのが駄目なんだろうなあ。

Posted by: 管理人バブシカ | 2005.09.23 at 03:53 AM

やはり某巨大掲示板においても「腕が小さい」
との意見を頂きました。でも今更どーしよもない
ので、これまたオーバースケールなソリッド
シューターを持たせて「臭いものにフタ」の方向
に行ってみます。

余談ですがバンダイの可動戦士ガンダムやザクは
素立ちさせるとなんともヘンテコなプロポーション
ですがポーズをつけてみるとこれがまた格好良く
見えます。ストライクも見得切ったポーズが決まると
いいなーと思っております。

Posted by: mapsmaps | 2005.09.23 at 09:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57777/6059570

Listed below are links to weblogs that reference MPC ミレニアムファルコン (16):

« MPC ミレニアムファルコン (番外編) | Main | MPC ミレニアムファルコン (17) »