« 一太郎体験版 | Main | マザー3 »

2006.05.30

ウォーカーギャリア

Xabungle

今月号のモデルグラフィックス誌の巻頭はザブングルに特化したものでした。

ザブングルは'82~'83年にテレビ放映されていた日本サンライズのアニメ作品です。
ガンダム直後のアニメとしては比較的メジャーな部類であり、同じく富野由悠季さんが原作と監督を担当されています。当時を知る方には馴染み深い作品と云えるでしょう。

その内容がまた変わっていてます。ガンダムイデオンに次ぐ富野作品なのですが上記作品のようなシリアス感は一切なく、どちらかと云うと富野さん自らが作り出したリアルロボットアニメの法則を無視するかのような何でもアリのドタバタ喜劇となっています。また、ちょっとしたエロ要素のあるアニメとしても先駆けだった可能性がありますね。

ガンプラブームが覚めやらぬ頃にバンダイから続いて発売された模型と云う事もあり、モデラー的にも思い入れの強いものだったと云えます。
メカニック自体はお世辞にも良く出来ているとは云い難いのですが、それまでのロボットアニメにはなかったデザインが採用されていて斬新を提供してくれます。
主役メカのザブングルを抜かすと、大抵のメカは工事現場にでも存在しそうな建機や重機を印象付ける物となっています。メカデザインはガンダムの大河原邦男さんです。

元々の設定資料にはないAFV的な細かいディティールがアクセント追加されているのがザブングル模型の特徴となっていて、タミヤがロボットを作ったらこのようになるのではないかと想像させてくれました。実際1/100ボックスアートはタミヤ製品を意識して作られていたようです。これはモデルグラフィックス誌の関係者インタビューで明らかにされています。なかなか興味深い記事ですので興味のある方には一読をお奨めします。

今回同誌のフルスクラッチ1/35ギャロップタイプなど素晴らしい作例に感化されて、私もウォーカーマシンを何か作りたくなってしまいました。
ザブングルの模型は再販されたばかりなのですが、1/144の小サイズのみだった事もあり購入を見合わせていました。私は大きい模型が好きなので触手が伸びなかったんですよね。
となるとフルスクラッチする方が早いかなと思ってしまいます。

同誌の特集中に1/100ウォーカーギャリアの発売中止事件も言及されています。
ストーリー後半の主役機(以降ロボットアニメでは当然となる主役機の交換は本作から導入されたものです)である模型が発売されなかったトラウマは当時を知っている方でしたら確実に持っていると思います。

インジェクション模型では発売されなかった1/100ウォーカーギャリアですが、イベント限定のガレージキットやソフトビニール製のものは幾つか世に出ています。
同じ物を作っても仕様がないと考えれば1/60サイズに候補が絞られて来ますね。作るかどうかは別にして、どの程度の大きさになるのか図を引いて見ました。
仕事の休憩中に記憶だけを頼りに書いたものなので詳細は怪しいのですが、以下のようになりました。

Wg00

人物の大きさから割り出した適当なものだとしても結構大きいなあ。30㎝くらいはあります。ボリュームのあるデザインなので立体にしたらもっと大きく感じるでしょうね。すぐに作る気はないのですが、将来的には完成させたい大物のひとつと云えます。
その前に1/100サイズの再販をバンダイさんに強くお願いしたいところです。

|

« 一太郎体験版 | Main | マザー3 »

Comments

今日はしゃべるよ(^^)。

ちすバブシカさん、クリスでうS。モデグラは見ていませんが、ザブングルには一家言ございまする。と言っても

>メカデザインはガンダムの大河原邦男さんです。

が「ブブーッ」ってだけですけど(^^;)。大河原さんはザブングルとアイアンギアーのみで、他はほとんど出渕裕さんです。つか調べたらギャリアが違ってたようですが、ぶっちゃけ今日調べるまでギャリアも出渕メカだと思っていたり。

当時は全国でも上位1%に入るくらいのアニメッ子でしたので(ってそれはそれであんまし凄くないか(^^;)、ザブングルは猛烈大好きでした。特に、

 主人公がモテる!&あんましかっこよくない!

のが最高でした(^^)。会話も軽妙にして展開も速く、おっしゃるとおり色気のある話もあって、なんつかアニメそのものにとても心を奪われましたね。オヤジに

 「なんとかザブングルがやってるウチに、ビデオを買って欲しい!」

とねだったほどです。まぁ叶わなかったわけですけど(^^;)。

メカも僕の記憶が確かなら、プラモは全部買いましたし、作ってないのはダッガーの1/100と1/144のギャリアだけ。なんつかバブシカさんのように「汚しをする楽しさ」を満喫したシリーズでしたね。とにかく

 「建機みたい」

なデザインワークが幼き日の熱い記憶を呼び覚ましたと申しましょうか(笑。

プラモは最終的にドランや、1/100ギャリア等見送られたものも多いわけですが、
※特にドランは大好きなティンプが使っていたので欲しかったんですけどねぇ。この頃は結構終盤でスルーされる機体が多くて泣きました。ダンバインの1/100ズワースとか、エルガイムなんてカルバリー、Aトール、オージが軒並みスルーだし、ボトムズのツヴァークも悔し涙で枕を濡らしたものです。

 しかし!

僕個人としては一番欲しかったのがそれらではなく、

 ブラッカリィ!

ティンプ最後の愛機でありガンダムで言うところのジオングに掃討する悪役面&高性能機。何かの雑誌に載った読者作例の1/100に心を奪われまくりました(^^;)。つかブラッカリィかっこよくないですか?僕だけかな。

 しかししかし!

調べてみたら、これがなんと「プラモ化」されてるっていうじゃないですか!ガレキじゃなくてキチンと箱まで当時のデザインで!

 こりゃあヤベェ。スゲェ欲しい・・・

と思ったら、それってば「超合金魂ザブングル」のおまけだとか。でもって初版は既に完売で、オクではプレミアが付いている有様。ブラッカリィも欲しいが、ザブングルも欲しい。これは買うしかないか!?

と思いつつ価格は結構8000円オーバー。うーむと思ったら7月には再販の予定あり!つか近所のジョーシンで買えばたぶん2割引くらいで買えそう?久々にトイに熱く燃え上がるクリスです。

ちなみにギャリアはハイコンプリートモデルなぞも買いましたが、なんつか作例に見られるような(バブシカさんの引かれた図面のような)ピラミッド型のフォルムがやっぱかっこいいですよね。足はとにかく大きく重くないと!!!みたいな?だからHCMにしてもプラモにしても正直今ひとつどころか今3つくらいでした。

あ~ですんで、もしギャリアをフルスクラッチしてオクに出す時は、とりあえず終了時刻に立ち会えるタイミングでお願いします(笑。出来次第でかなり貼りたいと思いますんで。って言いながら「その時自分の財布にどれだけのお小遣いが残っているのか」は甚だ疑問だったりするんですけどねぇ(^^;)。PS3とかWiiとかの後ならまだしも~。

余談ですが、自分はこの作品から出渕裕さんの大ファンになってしまい、ダンバインのズワースやバストール、パトレイバーのグリフォンや零式やブロッケン、逆襲のシャアのMSほぼ全て(特にみんなの評価は低いけどヤクト・ドーガは好き・・・つかあれはホントに出渕氏かどうか微妙だけど)、ポケットの中の戦争なんかのMSも大好きです。

ちなみに前回ちょっと出た「ズゴックE」もその出渕さんの作品だったように思います。まぁシンプルとは言い難いけど、曲線を多用するのがガンダム世代には逆に新鮮だったというトコロなのかも知れませんね(笑。

つかこんなに書くなら自分のブログでやれよ、って感じスカ?(^^;

Posted by: クリス | 2006.05.30 10:37 PM

一方ならぬザブングルへの熱い思いが伝わって来ました。

出渕メカだったんですか? 不勉強でそれは知りませんでした。確かに大河原メカにしては柔らかい線のものが多い気がしてました。

ドランタイプとブラッカリィは私も大好きです。
特にドランのプラモが発売されなかったのは、1/100ギャリアのそれよりもショックが大きかったなあ。

と云う事で、フルスクラッチするのならドランタイプを作る事に決めました。いつかは未定です。

超合金魂はなかなか良い出来のようですね。可動範囲が広くて遊びがいがありそう。
ただブラッカリィのプロポーションはちょっと微妙だなあ。ちゃんとした作例がないからかも知れませんが。

しかしクリスさんは色々お詳しいですね。私は記憶のみで書いている事が殆どなので、もう少し下調べてから記事を書かなければと反省しています。

Posted by: バブシカ | 2006.05.31 12:51 AM

くだらない話。そういえばラグもエルチも「ツンデレ」ですな(笑。

Posted by: クリス | 2006.06.01 09:32 PM

確かに。
ジロンは暴走型M男ですかね?

Posted by: バブシカ | 2006.06.03 03:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウォーカーギャリア:

« 一太郎体験版 | Main | マザー3 »