« 不朽の名作? | Main | ガンプラ旧キット その2 »

2006.08.10

ガンプラ旧キット その1

先日仙台模型で購入したガンプラの旧キットを仮組して見ました。


01

1:1200 量産型巡洋艦ムサイ

1980年8月に¥300で発売されました。前月の1:144と1:100ガンダムに続くシリーズ第3弾となっています。
これは素晴らしい出来映えのキットだと思います。当時はザクやグフなどが品切れだった為に仕方なく買っていたと云う印象があるのですが、現在の目で評価するとシリーズ初期作品とは思えない程の完成度です。多少モールドに甘さが見られますが、プロポーションは完璧と云えるでしょう。また成形色が絶妙な味を持っている事も特化したい美点です。
複数個作って並べて置きたい衝動に駆られました。


02

1:550 グラブロ

1981年10月に¥300で発売されました。シリーズで云うと第35弾くらいなのかな?
この頃になると主要モビルスーツがほぼ全てキット化されてしまった為に、前後してビグザムやビグロ、エルメスなどのモビルアーマーが各種発売されています。
モビルアーマーは1:550が標準スケールとなっています(ザクレロだけ1:250)。個人的には1:350くらいの大きさの物が欲しかったですね。

このグラブロもプロポーションが完璧です。
ガンプラを含むアニメに材を取ったプラモデル全般に云えるのですが、人型のロボットよりもムサイやグラブロに代表される非人型の物の方が良く出来た造形となっています。
これには理由があって、人型ロボットにある可動ギミックを殆ど必要としない為、その構造上に無駄なスペースを考慮しなくても済む事と、動きが少ないデザイン上アニメーションから個々が受ける印象に差異がない事。それに伴いアニメ設定の3面図ないし4面図をそのままデータとして活用出来ると云う利点があるからだと思われます。

旧ガンプラで現在の目で見ても良作だと感じるのは総じて非人型のキットに限られています。例外的にズゴックやアッガイなどの人型からやや外れたロボットの出来が良い事実でも説明が付くでしょう。


01_1

1:550 ミデア輸送機

1983年の1月に¥400で発売されました。
シリーズとしては第65弾あたり? 前出の二つに較べるとプロポーションの完成度が多少落ちています。これは元のデザインが空間を利用した複雑な構成から成っている為でしょうね。グラブロは一筆書きで完成するデザインとなっていますが、ミデアは3本のホバー足、コンテナ、左右後方にある羽など幾多の要素からデザインされています。また空間の抜きが多い事も難しさに拍車を掛ける結果となっています。それでもキットとしては良く出来ていますし、オマケとして同スケールのドム3体が付属しているのも嬉しいところです。


今回旧キットを仮組して見て、その出来映えの素晴らしさに驚きました。
子供の頃はどうしてもガンダムやザクなどモビルスーツにばかり興味が行っていた為、地味な戦艦やモビルアーマーの魅力、引いてはキット自体の完成度に気付けなかったのでしょうね。
三十歳を過ぎ四十に近付いた今だからこそ確認出来た旧ガンプラの素晴らしさと云えるのかも知れません。

|

« 不朽の名作? | Main | ガンプラ旧キット その2 »

Comments

バブシカさんチス。
自分はマゼラアタック、アッザム、ブラウ・ブロなんかに心を奪われましたね。マゼラはザクにトップを持たせるのが何ともかっこよく、AFVに免疫のない自分にはキャタピラが結構キました。

アッザムはショックアブソーバーの部分にメタリックテープを貼る作例があって(有名?)自分もやって悦に入ったり。「うぉっ、本物みてぇ!」って本物ってなんだよって感じですけど(^^;)。

ブラウ・ブロはデカさが良かったですね。ギミックも楽しかったし、見た目はグラブロやビグロに劣りますが、遊んでいて楽しかった気がします。

古いガンプラもまだまだイケそうですねぇ(^^)。

Posted by: クリス | 2006.08.10 10:23 AM

>マゼラアタック、アッザム、ブラウ・ブロ

私もこれ全部大好きです。でも売ってなかったんですよ。
特にブラウブロは全然見かけませんね。オクで入手するしかないのかな。

Posted by: バブシカ | 2006.08.11 04:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ガンプラ旧キット その1:

« 不朽の名作? | Main | ガンプラ旧キット その2 »