« August 2006 | Main | October 2006 »

2006.09.29

mame-cfg02

Missile

MISSILE COMMAND

1980年に米アタリ社から発表された固定画面戦略シューティングゲームです。
ビデオゲーム史に燦然と輝き続ける不朽の名作と云えますね。ハードの貧弱さを全く感じさせないゲーム内容とグラフィック、サウンドには今なお学ばせられる多くの要素が含まれています。
以前書いた記事がありますので宜しかったら参照して下さいませ。
http://babsika.cocolog-nifty.com/okiniiri/2005/02/post_2.html

実機はトラックボールと3つのボタンで操作します。
トラックボールは繊細かつ大胆な操作を可能とする優れた入力装置ですね。ゲームによって向き不向きはありますが、内容と合致した時の一体感は他の入力装置では味わえないゲーム性を提供してくれます。特に本作はトラックボールを使用する為に作り出されたと云えるほどの完成度を有しています。

MAMEではマウスを代替えとして使用します。

ミサイルコマンドのゲーム名を右クリックしてプロパティを選択。
コントローラータブにある「マウスまたはトラックボールを使用」をチェック。
これでマウスで操作出来るようになります。

ゲーム起動後にTabキーを押して「入力設定(このゲーム)」からボタン配置を変更します。

●P1ボタン1…………マウス左ボタン+Z
●P1ボタン2…………マウスホイール+X
●P1ボタン3…………マウス右ボタン+C

マウスのボタンだと操作に支障を来す場合があるかも知れないので、ZXCにも念のためボタンを割り振っています。これは好みで使い分ける感じですね。

次は同じく「入力設定(このゲーム)」から「アナログコントロール」へ進みます。

●トラックXデジタル速度…………18
●トラックX自動センタリング速度…………0
●トラックX感度…………55%

●トラックYデジタル速度…………18
●トラックY自動センタリング速度…………0
●トラックY感度…………55%


こんな感じで設定して見ました。十分遊べる形にはなっていると思いますが、照準の動きが遅いと感じるならば、トラック感度を上げて行けば良いでしょう。
デジタル速度を上げすぎると照準が飛び飛びで移動したりしてぎこちなくなってしまいます。20くらいが限界かな。

「cfg02.zip」をダウンロード
親とクローンを含め4種のcfgファイルを同梱しています。

ミサイルコマンドは今迄遊んだ事のない方に強くお薦めしたい作品ですね。1980年初期ビデオゲームが形として成立した瞬間を体現したのが本作だと私は考えています。
無駄のない斬新なゲームシステムと豊饒なゲーム性を当時意識させられました。現在に於いてはシンプルな作品として捉えられるでしょうが、ことゲーム性に関しては全く色褪せていないものと信じています。今回スナップショットを取る為に時間もないのに遊び込んでしまいました。まだ色々と書きたい事があるのですが、仕事に行かなければならないので次の機会に譲る事とします。

| | Comments (21) | TrackBack (0)

2006.09.28

mame-cfg 01

アーケードエミュレーターであるMAMEには強力なカスタマイズ機能が備わっています。
グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)を変更し、自分好みの外観を入手する事で使い易くするところがゲーマーとしての喜悦に繫がっていますね。
ゲーム中自分だけの名シーンをsnap保存して表示させたり、iconを導入してちょっとお洒落に決め込んだり、個々のゲームのプレイ回数とプレイ時間を調べては、ほくそ笑んだり愕然として見たり……。また自分専用のfavoriteフォルダを複数作り整理整頓したりする事も可能です。

以上はGUIに関する変更でしたが、ゲーム中のカスタマイズも詳細に変更する事が可能となっています。
実機に存在するディップスイッチ切り替えによる設定変更(難易度や自機の増減その他)は当然として、レバーやボタン配置を変更する事で様々な入力形態を構築出来ます。
デフォルトではレバーやボタン等の入力装置はキーボードへと割り振られていますが、ちょっとした労力を使う事でPC用のジョイパッドはもちろん、変換器を導入してプレステパッドやジョイスティックその他の入力装置に変更する事も可能となります。

しかしアーケードゲームの操作インターフェイスは単一ではありません。
通常のデジタル入力レバーとプッシュボタンであれば設定も簡単なのですが、複雑な操作系統を持っていたり、アナログ入力を伴ったレバーやボタンも存在します。これを家庭に導入している方は稀有な存在と云えるでしょうね。
アーケードゲームファンとしては実機同様のインターフェイスを導入して楽しみたいのはやまやまなのですが、金銭的技術的な壁がそう簡単には事を許容してくれません。

と云う事で、最も流通していると思われるUSB変換器をかませた上でのプレステパッドを用い、快適なMAMEライフを充実させようとするのがテーマとなります。

具体的には操作変更したコンフィグファイルをアップして行く予定でいます。これを解凍しmame.exeと同じ階層にあるcfgフォルダへ移し替えると、ここで説明する操作方法でゲームを遊べるようになる訳です。
不定期で徐々に増やして行きたいと思っているのですが、ゲームの選定から個人的な趣味で行うものなので需要はないと見ています。また、どちらかと云うと古いアタリゲームなど特殊操作の必要とされたものを遊び易く設定し、若い方に遊んでいただければと考える次第です。

まあ実際を云うと最近PCの調子が悪いことから買い換えを予定していて、自分の為の環境移行手段のひとつだったりもするのですが。


初っ端は趣味丸出しでウイリアムズの「ディフェンダー」と「スターゲート」です。
cfgファイル作成はmame32plus0.105で行いました。plusの派生であれば0.89以降のmameで使用出来ると思います。


「cfg01.zip」をダウンロード

DefenderDefender














1980年に米williams社から発表されたシューティングゲームです。
抜群の緊張感と独特の爽快感を現在にも味わえる稀代の名作と云えます。
以前書いた記事があるので宜しかったら参照して下さい。
http://babsika.cocolog-nifty.com/okiniiri/2005/02/post_1.html

操作方法が複雑で、上下2方向レバーと4つのボタンを使用します。以下のようにプレステパッドへ割り振りました。

●レバー上下…………デフォルト
●Fire(ショット)…………△ボタン
●Thrust(前方移動)…………レバー左右
●Smart Bomb(敵全滅)…………×ボタン
●Hyper Space(ランダムワープ)…………R1 or R2
●反転…………○ボタン

●ボタン1連射ON……間隔3


このようになっています。以前の記事内のものに若干変更を施しました。
初めて遊ぶ方にはこれでもまだ少し遊び難さが残るかも知れませんが、実機よりは簡単に操作出来るようにしています。難しいゲームですけど慣れるに従い本当に面白くなって来る作品ですよ。
因みにウイリアムズのゲームは初回起動時にF2キーを押さないと先に進めませんので注意して下さい。
親と派生、コピーゲームも含め8種のcfgファイルを入れました。


StargateStar Gate














1981年に同社から発表されたDefenderの続編です。
殆ど同じ内容なのですが面内にワープゾーンが設置されたのと、無敵ボタンが増設されてボタンが5個に増えています。ただでさえ複雑なのにアメリカの方は豪気ですね。
他には敵の種類が増えたのと少しだけグラフィックが豪華になっているのが変更された部分と云えるでしょう。

●Inviso(無敵)…………R2ボタン

操作はDefenderと同様ですが、新たに加わった無敵ボタンをR2に割り振りました。都合上、ランダムワープはR1のみとなっています。


両作品ともかなり難しい部類のゲームですのでお好みに合わせて残機数を増やすか、エクステンド設定を甘くしても良いと思います。今回は難易度等はデフォルト設定のままとしました。
また、操作し難いところがあったら自分ライクに変更しちゃうのもアリですね。これでDefenderのファンが増えてくれると嬉しいんだけどなあ。

| | Comments (41) | TrackBack (0)

2006.09.26

Qバート

Qbert_1

1982年に米ゴットリーブ社より発表されたビデオゲームです。

疑似3Dで表現されたフィールド内のタイルを踏む事で、全て指定の色に塗り替えると一面クリアとなります。
ヘッドオン、パックマン等に代表されるドットイートゲームの亜流と取る事も出来るでしょう。ドットを全て取ると云う行為を他に置き換えたものとしては、床を塗り潰す「クラッシュローラー」「シティコネクション」あたりが有名な作品ですね。

操作は4方向レバー一本のみで賄うのですが、若干変わった方法が採られています。
画面を見ても分かるように、自機の移動方向が斜めに限定されているのです。これが為にオリジナルの専用コンパネではX型にレバーが取り付けられていました。
日本での販売はコナミが請け負っていたようなのですが、私の記憶だとテーブル筐体に通常通り+型でレバーが付いていたと思います。これが遊び難いのなんの脳がパニックを起こして一面クリアも出来ないほどでした。
床のない外周にも移動出来る事が徒となり、飛び降り自殺を繰り返すのが日常です。

出荷台数は少なくなかったものの日本ではそれほど馴染みのない作品かも知れません。しかし本国アメリカではかなりのメジャー作品のようです。ホビーユースパソコンへは大概移植されている事からでも人気の一端が窺えますね。

実際かなり面白いゲームとなっていて、24年後の現在にプレイしても古臭さを感じられないどころか夢中になってしまうほどです。
ただ難度が非常に高いゲームだとも思います。レベル1の4面までは普通に遊べるのですが、以降レベルが上がると、二度踏まないと指定された色にならない床や、色がループする床が現れてパズル要素と難度が激しく上昇して行きます。
その上せっかく色変化させた床を元に戻してしまう敵も出現して苛々させられます。

しかし自機を移動させる部分に高いゲーム性が隠されているので、ついつい遊び続けたくなる魅力を持っているんですよねえ。
それと併せて効果音が出色の出来映えを誇っています。敵に触れてミスした際の宇宙語?と外周へ飛び降りた後の死亡音、ゲームオーバー時の音声合成「Bye Bye」などなど。
日本人の引き出しからは出て来ないだろう自機キャラクターデザインも魅力の大なるところです。

まだプレイされた事のない方に強くお奨めしたい固定画面パズルゲームの傑作です。

Continue reading "Qバート"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2006.09.19

結婚できない男

Abekan

私は普段からテレビを見慣れない方でして、見るとしてもニュースかスポーツ番組、NHKのドキュメンタリーにしか楽しみを見出せない質であります。
しかし、偶然目にした「結婚できない男」のスポットCMから内容に心惹かれて、七月から毎週火曜日の放送を楽しむようになりました。テレビドラマを飽かず見続けるなんて中学生の時以来かも知れません。

物語の内容を簡単に要約すると、
性格に難のある40歳独身の建築家(阿部寛)が、ひょんな事から女医(夏川結衣)や隣人の女性(国仲涼子)、その飼い犬ケンなどと知り合う事で人間らしさを取り戻して行き、自らを振る舞える当然の権利に許容と諦念を発揮していた結婚に向けて歩み出す……と云ったものとなっています。

人気タレントありきの突飛で偽善に満ちた「サプリ」のような企画ではなく、平坦な日常に精神の変遷を描いて行く内容ですので、どちらかと云えば30オーバーの大人をターゲットとした作品と云えるでしょうね。
内容も大変興味深く面白いものなのですが、特筆すべきは脚本が良く出来ている事に尽きます。

テレビドラマの脚本は得てして技術力や意識が低く、見ていて辟易を催される事が多いと思います。
不自然な会話、繫がらないシークエンス、安直なナレーション、お約束としての陳腐な表現……挙げたらキリがないほどです。
その点「結婚できない男」は演出に於いてのお約束で多少興醒めされられる部分もあるのですが、自然な流れとシーン間の繋がりに脚本として完成度の高さを強く意識させられます。近年映画でも見られないほどの巧みな脚本だと云えるでしょう。
尾崎将也さんと云う方が書いておられるようですが、ちょっと調べて見たら色々な良い仕事をしていますね。

その脚本をより良く感じさせているのが主人公を演じる阿部寛さんの演技です。
二枚目と三枚目、そして変人を思わせるキャラクター像は決して簡単なものではないと思うのですが、自然に楽しんでいるところが見えて好感が持てます。
また夏川結衣さんの演じる女医が最も難しい役所となっていますが、これも心の振幅を嫌みなく見せて成功しています。

1クール12話完結のストーリーにするには多少無理があると思える内容にも取れるのですけど、台詞がない部分の細部に心理描写や伏線が見えるからか、通常テレビドラマにありがちな不自然は提供しませんね。

今日19日が最終話放送となっています。非常に楽しみにしているのですが、これが終わってしまうとまたテレビドラマからは疎遠になってしまうんだろうなあ。でも今迄馬鹿にしていたテレビドラマの脚本にもこんな力作があったのだと認識出来ただけでも収穫となりました。

以下が「結婚できない男」の公式HPです。興味がおありの方はどうぞ。
http://www.ktv.co.jp/shinsuke/

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.09.16

彼について……2人目

Miyaketan以前から夜のマイクはマイク違いとは云えどタイソンばりに力強い事で有名な彼。
グラビアアイドルだった純真そうな「りおお」が阿婆擦れ「ウッチー」の後釜として同番組を受け持つようになって、端から見ても異常なほどハシャイでいましたね。彼が行うキャバ遊びの一環を公共の電波で裏書きする結果となりました。

しかし最近「りおお」に対して当たりが冷たくなっていますねえ。
彼女のキス写真報道の所為なのか、「11PM」化した「すぽると」に苦情が殺到したのか、はたまたそれを受けての会社から注意を促された結果なのかは判然としませんが、「平井くん」と呼ぶその声その目には愛憎の光が醜く輝いています。ここにも彼の女性に対する性格が滲み出ていると云えるでしょう。

タレント養成所と化したフジテレビで年々偉くなって行く彼。
職場は楽しくなければ働く意味がない。いや結構でしょうよ、一理はありますから。
しかし自らの好みだけでタイクーンを振る舞う彼には、露木さんのような求心力は発揮出来ません。

これからもスポーツニュースとしては異例とも云える虚実入り乱れたストーリーをでっち上げて、エンターテイメント性に富んだ番組を私たちに提供してもらいたいものですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.08

1:20 キュスター 下地塗装

Custer01Custer02

四、五年ほど前に組み上げて下地塗装の済んだ模型です。
この段階まで進んだものの本塗装されていない模型が棚にゴチャっと積んであります。埃と煙草の脂で汚れた彼らが不憫に思えたので、台所用洗剤と歯ブラシで掃除して見ました。

茶色掛かっていた模型が真っ白に生まれ変わった事で気分もスッキリです。とは云っても既にウェザリング(汚し)が施されているので綺麗には見えませんね。

私は毎回作業工程を変える性格なので何とも云えないのですが、今回のキュスターに関しては本塗装の前段階で汚れや影を描き込んでいます。
この上からダークイエローとガルホワイトを薄くエアブラシで吹き付けて二色迷彩を施そうと予定していました。
そして、そのまた上から陰影と汚れを描き込んで深味を出そうと云う仕組みです。

しかし細君がシンナーの臭いに弱い為なかなかエアブラシを使用出来ないんですよねえ。よって蹉跌した模型が棚に溜まって行く訳なのです。
自分だけの作業部屋を持てる身分には当分なれそうもないので、致し方のない事情だと諦念を発揮していた次第なのですが、今回ちょっとお小遣いが余ったので塗装ブースをネットで購入してしまいました。

これが額面通りの効果を発揮すれば、気兼ねなく塗装出来る環境を手に入れられる事になります。まだ商品が到着していないので結果どうなるか分からないのですが、気分はルンルン、マンモスやりピーと云った感じですね。
取り敢えずエアブラシのメンテでもして待つかと久し振りに触って見たのですが、何故だか空気が出ない……。
また、やってしまった掃除のし忘れです。ラッカー塗料が内部で固まっていました。前回ザクF2の時に少し使っただけなので、まあ大丈夫だろうと思ったのですが、分解して能く見てみるとニードルの先が少し欠けてる……。これはちょっと痛い。以前にも傷付けて研ぎ出ししているので針が短くなっているんだよなあ。細吹き出来ない可能性が出て来ました。道具は大事に使う方だと思うんですけどハンドピースはこれで2台駄目にしてます。

自分の所為なので仕様がないとしても、なかなか上手く行かないものですね。長年シングルアクションを使っていたのでダブルアクション方式へ買い換える時期だったのかも知れません。思うような環境を整えるのにはまだ時間が掛かりそうです。トホホ……。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2006.09.07

it's a boy

Japan

礼宮さまと紀子さまの間に親王がご誕生。
皇室典範の改正が棚上げ。次期総理は安倍晋三氏。
果たしてどうなるのだろうか……

男子誕生への重圧から雅子さまが解放されるだろうとの報道。
果たしてそうなのだろうか……

嫡子長男の因襲。女性天皇の稀有。
果たして何を守り何を壊さなければならないのか……

これから数十年に渡り繰り広げられるであろう暗闘は、計り知れない愛憎劇となり、日本と云う国家の象徴を揺るがす問題となるのかも知れない。
しかし私たちは市井で保守を堅持する夢を貪り続けるだけの存在に過ぎない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.06

ポリエステルパテ

Fputtyフィニッシャーズのポリパテを初めて使って見ました。
ここ最近その評判の良さは能く耳に挟むところではあったのですが、取り扱っている店舗が少ないのと、内容量に対する値段が高い(200gで¥1200)のとでなかなか手が出ませんでした。

通常ポリパテと云えば、老舗ワークのモリモリが値段も手頃(120gで¥980)なスタンダードとなってますね。
入手のし易さからで云えば、タミヤのポリパテ(120gで¥980)も代表格となっています。こちらは模型店はおろかプラモデルが売っているところであれば大抵置いてある筈です。

大多数のモデラーがそうであるように私も以前からモリモリを使っています。ポリパテの選択肢が殆どなかった頃からのお付き合いと云えるでしょう。タミヤポリパテは硬化後の緑色にどうしても馴染めなかったため使えませんでした。
フィニッシャーズを敬遠していた理由の一つもここにありました。専門誌の制作途中写真などを見ると、鮮やかな緑色をしていたので不自然に思えたのです。
長年モリモリを使用していたからか、ポリパテは黄色に限るとする刷り込みがあったのかも知れません。

実際フィニッシャーズのポリパテを使って見ると、嫌みのないヨモギ色に硬化しました。鮮やかな緑に見えたのは写真の嘘か、硬化剤を多く入れていた為だと思われます。
このヨモギ色はディティールを施した際に段差などが確認し易く、塗装の下地としても妨げとは成り難い考えられた色味に仕上がっていると云えるでしょうね。

それ以上に優れているのが食い付きの良さです。
これまでのポリパテに当然あって諦めるより他なかった最大の欠点がなくなっているのです。
色々実験して見たのですが、他社ポリパテへの食い付きも完璧、エポパテも同様。通常ならば相性の悪いプラスチックへもガッチリと食い付きました。
硬化時間も短く1分少々で半乾きとなるので、ガイドを作らなくても土手盛り出来ます。5分ほどで切除可能なまでに硬化、1日経つと完全硬化してかなり固くなります。
完全硬化後にカッターで手荒く扱って見たのですが、盛りムラなどから生ずる「欠け」も一切ありませんでした。

素晴らしいの一言に尽きます。食い付きの部分で不備が出て来ないようならアルテコの瞬着パテの代わりにも使えそうです。
ネックとなるのは値段だけなのですが(上記グラム数は容器込み?)、これは芯となる部分を他社ポリパテで賄い、細かいディティール作成はフィニッシャーズと使い分ける事で解決出来そうです。
一度使ったらもう手放す事が出来そうにないマテリアルに出会ってしまいました。あとは取り扱い店が増える事だけを願いたいところですね。

Continue reading "ポリエステルパテ"

| | Comments (27) | TrackBack (0)

2006.09.03

ポンポコ

Ponpoko_1

1982年にシグマから発表されたビデオゲームです。制作はセイブ開発となっています。

4方向レバーで自機タヌキを操作しジャンプで穴や釘を飛び越しながら、固定画面内に散らばった8個のベジタブルを集めると1面クリアとなるループゲームです。
敵は階層を左右に移動しているだけなのですが、ジャンプで飛び越せないので階段を使ってやり過ごします。
「?」印の壺には点数アップかタコのような敵どちらかが潜んでいます。出現場所が決まっている為、タコを出さないようなパターンを作る事が上達の近道と云えますね。
固定敵であるヘビとタコが組み合わさる事で、クリア出来ないパターンになってしまう可能性もありますので重要な暗記どころです。


アーケードゲームと云うよりは当時のパソコンゲームらしいチープな味わいを持った作品と云えるでしょう。
そして「たんたんタヌキのどキャンタマ~♪」や「しょ・しょ・しょうじょうじ♪」等の童謡をあしらったBGMは牧歌的な雰囲気を提供してくれます。難易度も高くない事から漫然と楽しむには向いていますね。デパートの屋上ゲーセンで結構遊んでいた記憶が残っています。

「グルメたぬきはベジタリアン」
本作の有名なキャッチフレーズなのですが、実際には野菜と果物が混在しているし最後のベジタブルターゲットが「ビール」と云うのは何ともかんとも……。

Ponp0000

| | Comments (18) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »