« ゆく年くる年 (中) | Main | いっちゃった年きちゃった年 »

2006.12.31

ゆく年くる年 (下)

仲間と別れる寂寥感の他には、パンを得る為の実際的な不安を感じます。
私は準社員として契約している事から他店舗への異動が約束されてはいます。しかし、これまでタイトーで働き見て来た不義理の数々に、我が身を打ち震わせない訳には行きません。

契約上で仕方がないから他店舗へ異動。その異動先で出勤日数を減らす。生活出来ない人は自主退社……。または通えないだろう遠隔地に異動。嫌なら辞めて下さい。これがタイトーのやり方です。

正直云って私は仕事の出来る管理者ではありませんでした。小乗仏教の原始的な教えとしてある、自らを全うすると云う意味での仕事には邁進する覚悟を持っています。具体的に云えば目の前にある仕事に悔いを残したくないとする我が儘だけは人一倍ある積もりなのですが、それは店舗内での仕事にすると心を込めた単体への接客であったり、手を抜かない掃除だったりします。
こと管理者として最も大事だと思われる売上を伸ばす方向性を定めたり、それを従業員に教育すると云ったリーダーシップを所持せずに過ごして来てしまいました。
これは自分さえちゃんとやっていれば救われるとする自己満足と、この仕事が天職ではないと考える無責任に他ならないでしょう。

また実際の私を知っている方は社交性に長けているとお思いかも知れませんが、事実は逆を向いています。適う事ならば人間との接触を避けたいくらいに考えています。
これが次の職場へ赴く際の不安材料ともなっています。これまでは長く同じ職場にいた為に自らのキャラクターが確立されていました。仲間内には云わずもがな、タイトー内であれば「エロ暴れん坊」「問題児」くらいの情報が流通している事でしょう。

全く新規の職場へ行き着いた際には、一から自己紹介をしなければ許されない環境に置かれる筈です。はっきり云って面倒臭いですし、自身が受け入れられるものだとも思えません。また何かなめられるような態度を見せられでもしたら暴力事件のもと退社させられる可能性も大なるところです。

その前に仕事が見付かるのか? と云う問題が浮上して来ます。
相応に見られた事はないのですが36歳と云う年齢もネックとなるでしょうし、運転免許証はおろか役に立つ資格ひとつすら持っていません。レトロゲームに詳しい、プラモが作れる、ちょっと文章と絵が描ける、意外とSEXが上手……う~む、まったく役に立ちませんねえ。

妻を養えるだけの食い扶持が稼げるなら死体洗いでも何でもする積もりではありますが、今日日それさえもコネがなければ出来ないそうです。世知辛い世の中に出て行かなければならない自らの非力さを痛感させられますね。

ここらを考えるとこのままタイトーのお世話になるしかないのかなあとも思います。最悪減らされた出勤の分はコンビニを掛け持ちして賄う事になるでしょうか。
根が楽天家なので実際はそれほど不安視してもないんですけどね。この程度で悩む神経の持ち主だったら今迄生きて来られなかった事でしょう。

……もう一回くらい続きます。

|

« ゆく年くる年 (中) | Main | いっちゃった年きちゃった年 »

Comments

些細な事ですけども。SEX,誰もが内心は自分は上手だと思っているんじゃないでしょうか?私も自分より上手なのはAV男優くらいだろうと思っております(笑)

Posted by: ぽぱ山 | 2006.12.31 09:04 AM

>SEX

すいません嘘つきました。大して上手くありません……

Posted by: バブシカ | 2007.01.01 12:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゆく年くる年 (下):

« ゆく年くる年 (中) | Main | いっちゃった年きちゃった年 »