« December 2006 | Main | February 2007 »

2007.01.27

ルナポーン 完成

Afssa09

汚し塗装を行う模型はどこで完成とするかが難しいところですね。キリがないので取り敢えずここで終了としました。

Afssa07

年末から作り始めたのですが、完成に要した時間の実質は、一日1時間ほどで計七日間くらいでしょうか。
模型を作らない方は1~2日で完成するものと思われているかも分かりませんが、改修などを全く行わない素組みでも、最低この程度は掛かってしまいます。私の場合だとこれでも早く完成した方ですね。
今回は極力シンナーを使わない方向で制作した為に、家族にも優しいモデリングとなりました。

パーツ同士の接着と合わせ目消しは瞬間接着剤で行い、どうしてもと云う場合だけ「リモネン」を使いました。リモネンは有機溶剤を含んだ接着剤であるものの、レモンやオレンジの成分を配合した爽やかな臭いを提供してくれます。シンナー臭に弱い方でも扱える最近の大発明であり、これからのスタンダードとなるマテリアルです。
私はリモネンの臭いに癒しと和みを感じてしまうほどです。しかしシンナーである事には変わりないので換気には気を付けなければなりませんね。

パーツを組んだあとにラッカー塗料の黒で全体を筆塗りしました。まともにシンナーを使ったのはここだけです。
妻が買い物に出た間隙を縫い、換気も十分に行っての作業でしたので非難を受ける事なく終了。

その後、ポスカの白を全体に塗布。勿論シンナー臭は発生しておりません。
ポスカが完全に乾燥してから表面をスチールウールで軽く擦り、下地の黒を露出させて大袈裟なチッピング(剥がれ塗装)としました。
やり過ぎた部分は再度ポスカを塗る事で簡単に修正出来ます。

水転写デカールを貼り完全に乾燥してから、半光沢スプレーで模型全体をコーティング。
これは朝方の寒い中ベランダで行いました。寝ている妻が起きて来ないようにと気を遣いながら、スプレーをタオルで包み、なるべく音がしないようにと素早く攪拌。知らない誰かに見られたら間違いなくエレジーを提供した事でしょう。

クリアースプレーは一回のみで終了。
本来ならば幾度かに分けて吹き付ける事で、デカールの段差をなくすべく研ぎ出しを行うところなのですが、手軽に完成させたいとする都合上、手間を放擲して諦める事としました。年末のベランダが寒かったと云う理由もあります。

今回のキットに付属しているデカールは薄手のものだったので、実際には段差も殆ど気になりませんね。ただ、ちょっと糊が弱いようなので、デカール用接着剤マークセッターは必須アイテムだと思います。

これ以降はコピックによる汚し塗装に入ります。
コピックはアルコールマーカーなのですが、シンナー臭もせず清々しい香りを提供してくれるので、誰に気兼ねするでもなく作業出来る優れものとなっています。
色付きのコピックで汚れや影を描き込み、透明コピックで色を伸ばしたり消したりを飽きるまで繰り返します。

Afssa08_1Afssa10

Afssa13Afssa11

今回は通常の汚し作業に加えて、デザイン上の裏となる部分に緑色の影を入れています。
具体的に云うと、腕や足の内側や、光源の照り返しが掛かるだろう部分への面シャドーです。
絵画では当たり前の手法ですが、模型では先ず見られない塗装表現だと思います。
これには理由があって、絵画は平面からなるカンバスを鑑賞するものですので、作者の意図する陰影を狙い通りに受け手へと伝えられます。しかし、模型は立体からなる以上、見る角度やその時々の照明で、陰影を自動的に入手する事が出来るのです。
そうであるならば殊更に影を描く必要性が見当たらないとしても良いでしょう。

取り敢えず思うような陰影を操作する目的と、色味を増やす事を前提に入れて見た緑色なのですが、なかなか面白い効果が出ているのではないかと思います。この手法はまだ実験段階ですので、これから試行錯誤してみたいと考えています。

キャノピーはエナメルのスモークを筆塗りしたのち、コピックのオレンジを重ねて見ました。スモークのみでは得られない深い色味を入手出来ました。
ただ、この時点でフィギュアを普通に肌色で塗装していた為に、キャノピーを通して見ると、黄色が強くなってしまったかも知れません。
キャノピーの色味を考慮するならば、フィギュアは白黒のみで仕上げた方が良かったかなと後悔しています。

腕と足にあるパイプ類は、ライン入りのビニールコードに差し替えました。ここは好みの問題ですね。

と云う訳で完成。キット自体の出来映えが素晴らしい事と、なるべく手間を掛けずに作るとする方向性が一致して、思っていたより簡単に仕上がってしまいました。そうして最後まで遣り仰せた充実感も付与しています。
シンナー類を極力使わないようにしても、この程度の物なら気軽に制作出来ると云う一例になると嬉しいですね。

新作ルナポーンはマシーネンクリーガーに興味のなかった方にも作って欲しい良作キットとなっていますよ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2007.01.22

1:20 ルナポーン

Lunapawn


昨年末にWAVEからマシーネンクリーガーの新製品「ルナポーン」が発売されました。
同社からはこれまでに「ファイヤーボールSG」「ラプター」「陸戦ガンス」の3種類が商品化されているのですが、完全新規金型からなる物が作られたのは初めての事となります。

約20年前に作られたニットー製品に、WAVEの作った新しいランナーを混入する事で機体のバリエーションを商品化すると云う形態が取られていました。コスト面の問題があったにせよ、それだけニットー製キットの出来が良かった訳ですね。
しかし、如何せん古いキットである為に、最近のプラモをしか作った事のない方には作り難い代物であったかも知れません。

今回のルナポーンは新規客層を開拓する為に、ガンプラを意識した商品として開発されたと見て良いでしょう。
接着剤を使わなくても完成するスナップフィット方式を採用し、ポーズ固定が当然だった同シリーズでしたが、ポリパーツによる可動を仕込んであります。
箱絵のデザインが一新されたのと、塗装カードが付かなくなった事で憤慨している従来からのファンも存在するとは思いますが、WAVEがインジェクションプラスチックモデルメーカーとして一段上を目指している姿勢を評価したいところです。

キット自体の評価はと云うと、最先端を行くガンプラと比較するまでには行かない中途半端な仕様と云えます。
パーツ自体の分割構成はニットーの旧キットと大差ありませんし、合わせ目を消す作業が確実であるのにアンダーゲート方式を採用しています。アンダーゲートはヤスリを使わないと綺麗に組めない事から初心者には難しい処理を余儀なくします。
まだ商品の方向性が定まっていないのではないかと思えてしまいます。別に穿った見方をするのであれば、開発の方たちが使ってみたい技術を入れただけの、狭い玩具になってしまっている感もありますね。

でもマシーネンクリーガーのファンとしては新キットが出るだけでも満足です。
20年前に一度は終了したシリーズですし、ここ一年ほどニットーのキットは再販もされず市場に出回っていません。ガレージキットのイベントであるワンダーフェスティバルでは毎回素晴らしいキットが売られているものの、ガレージキットである以上一般人には購入も容易くありません。ここは新キットを開発し流通してくれているWAVEに素直な感謝の念を抱くのみです。

と云う事で私は年末に2個買いしてから、ちまちまとではありますが制作を続けています。先ずは新キットの素性を楽しむと云う意味でストレート組みする事に決めました。
下の画像は完成直前まで進んだ現段階のものとなっています。

Afssa04

今回は手間を減らす意味を込めて、下地にラッカー黒をベタ塗りしたのち、ポスカの白を塗りました。そののちスチールウールでポスカ塗装面を削る事で大袈裟なチッピング表現とします。

Afssa03

こんな感じ。
この上からクリアーコートを施してデカールを貼り、コピックで陰影を付けたものが二つ上の画像となります。茶色が強く見えるのですが、これは私の持つデジカメの特性でして、実際はクリームに近い色味です。

フィギュアもラッカー白を下地に塗り、あとはコピックのみで仕上げています。
コピックを使って最も楽になるのがフィギュアの塗装だとしても良いのではないでしょうか。絵を描くように陰影を書き込むだけでリアルな人間が出来上がります。

Qfssa06

画像は手ブレ状態のものですが、良い雰囲気が出ているのではないかと思います。
あとはパイピングを施して軽く汚したら完成となります。手を入れなくても十分に格好いいじゃないかと自画自賛。WAVEさん万歳の心境です。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2007.01.12

ゆく年くる年(了)

タイトーから実質的な解雇処分を受けました。以下要約です。

「仕事が出来ない上に時給の高いパートを引き取るような店舗はない。早く次の仕事を探せ」

思っていた通りの処分ではあります。
お情けとしては、足のない私に通えないだろう遠隔地を指定して、そこで週二回程度の出勤を組んでやるから有り難く思えとも。
契約書類の上で私は週休一日扱いの勤務が約束されているのですが、それを真摯に履行してくれるタイトーでもありません。

移動に関しては人事部の方でスケジュール調整などを検討したそうなのですが、直属の上司が確認を取るまで連絡を寄越さないと云う怠慢振りも発揮してくれました。
まあ、私は東北の本部長に無意味な嫌われ方をしているので、始めから探してくれる気遣いもなかったのだと思います。
偶然にも同月に同営業所内の店舗がもうひとつ潰れる運びとなった事から、優先順位として最下位に回されたのでしょう。

また具体的に閉店の日取り(1月25日)を知らされたのも今月の10日です。ビルのオーナー側に都合があったとしても急な話だと云えますね。
因みに前年にも同営業所内で1店舗が閉店しているのですが、この時など閉店の一週間前まで働いているクルーは何も知らされていませんでした。そして何の保証も付けて貰えないままポイ捨てされています。

長年働いているのでタイトーが如何に酷い会社であるか分かってはいるのですが、諦念の内にも悄然の感が強く芽生えてしまいます。


とは云っても社会生活を続けて行く為には後ろばかりを気にしてはいられません。
早速求人情報誌やネットを使い次の職場を探しているのですが、なかなか意に添うような所は見付かりませんねえ。

取り敢えず私の目標が40歳までに純文学三大誌(文學界、群像、すばる)のいずれかで賞を取り、小説家としてプロデビューすると云うものになっています。
容易いものではない事は重々承知していますが、自らの才能のなさを考慮して寝る時間も惜しみ勉学に勤しんでいる積もりではあります。

先年初めて応募した群像で一次通過した際は、意外と簡単に進めるのではないかと思ったものの、そんな筈もなく一年を経過してしまいました。
これが一次通過するならば、この内容であれば二次は堅いとして応募したものは箸にも棒にもかからず惨敗。
文學界に応募しようと書いていたものはPCの不調の為にデータが消えてしまうなど、停滞を約束されているのが現状となっています。

妻と二人で慎ましく生活出来る程度の給料しか望まないとしても職場が見付からない。
今年37歳になる事から年齢制限で弾かれ、資格を所持しない負は面接に赴くまでの土壌も用意しません。失業保険で急場を賄おうにも、身内の借金をはらわなければならない都合上それでは暮らして行けない。妻が精神の病を患っている事から、不安を与えたくないので転職の件は話せない……。中年のリストラとは大変なものなのですね。いま本当に実感しています。

東北の仙台であるにも関わらず雪が降らなかった2006年はいつの間にやら過ぎ去り、何らかの選択を迫られるだろう新しい2007年になってしまいました。さて今年は私に取ってどんな年になるのでしょうか。

でも「人生負け組フリーター趣味のブログ」ぽくはなって来たな。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2007.01.05

Wii 購入と評価

Wii

任天堂の次世代据え置き型ゲーム機「Wii」を購入しました。

当初は発売日に買う予定を立てていたのですが、運悪くPCが絶不調となり購入資金を回さざるを得なかったが為、泣く泣く機を逸した態で過ごして来ました。
今回購入に踏み切った理由は、地元の量販店が初売りの目玉として、PS3、NDS、Wiiを各1000台ずつ三日間で計9000台も売りに出していたからです。
初売りの最終日ともなれば流石に並ばないでも購入出来るだろうと踏んでいたのですが、ちと考えが甘かったようです。

開店一時間後に赴いたのですが、既に400~500人くらいは並んでいたでしょうか。全ての方がWiiの客ではなかったものの私の整理券は200番台でした。最も人気のあった機種はNDSで整理券は400番台に届いていたようです。因みにPS3(60G)の為に並んでいた方は殆ど存在していませんでした。

寒い中を小一時間ほど列の構成員として過ごします。
NDSを欲している方は言葉通り老若男女を問わず見受けられ、国民への浸透振りを改めて思い知らされました。家族連れは勿論、若い女性のグループや老夫婦までも存在していた事には驚きを禁じ得ません。
Wiiの客層は家族連れも適当に散見しましたが、どちらかと云うと20代半ばからのヤングアダルトなカップルが多かったように思います。これは等身大のモデルを使ったCMの効果でしょうか?
PS3の客層は残念ながら確認出来ませんでした。前日の分が300台しか捌けなかったとの情報も聞いています。

並び始めた時点では生活が裕福とは云い難い為、購入する事にまだ迷いがあったのですが、これから入手する新ハードへの期待から嬉々とする純粋な子供たちを眺めていたら、微笑ましい心のうちに列の前列まで移動していました。

子供たちと同列だとは云えないまでも大きな期待と、知人やネット上での評判から導き出された小さな不安を懐中して帰宅しました。


今回購入したソフトは「はじめてのWii」「Wii スポーツ」「ゼルダ」となっています。
取り敢えず最も遊んで見たかった「Wii スポーツ」のテニスをプレイした感想なのですが、「最高」の一語に尽きます。
以前「サイドポケット」の記事を書いた際、実際にあるスポーツのプレイ感はゲームでは再現出来ない……としたのですが、これを全撤回します。それほどの衝撃を受けました。

「Wii スポーツ」のテニスはWiiと云う斬新なハードに於けるデモンストレーションの役割を受け持っていると思います(発表会の席上で岩田社長と宮本茂さんが楽しんでプレイしていた姿も記憶に新しいところです)。
その為にはWiiリモコンのみで誰しもが楽しめるようにと、テニスが持つ本来のルール等も簡略化されています。ゲーム内でもキャラクターの移動はコンピューターが自動で行ってくれます。

しかし、それでも本当にテニスをプレイしているかのような錯覚を与えてくれているんですよ。
飛んで来る球に対して、キャラクターの位置からフォアで打つかバックで打つかの判断。これを実際に腕を振って行うだけで今迄にないテニスゲームのシミュレーションとして機能するに至っています。
また慣れてない間だけかも知れませんが、操作する人の癖でトップスピンやスライスがかかったりします。それに長時間遊んでいると疲労する事から、球がオープンに飛んで行くのが多発するなんて今迄のゲームでは考えられなかった「リアルさ」と云えるでしょう。
テニス好きの私と妻は腕が痛くなっているにも関わらず3時間も連プレイしてしまいました。

Wiiのゲーム全般で能く云われている評価として、「最初は楽しめるが底が浅い」とするものがありますが、こと「Wii スポーツ」のテニスに限っては間違った評価だと思います。
これほど夢中になれるスポーツゲームには出会った事がありません。ゲーマーとは云えない一般人の妻がその後また2時間ほど遊んでいました。最初は難度が低く誰でも勝ち続けられるものの、プレイを通してのポイント制が取られており、遊べば遊ぶほど敵キャラクターも強くなって行きますので長く楽しめるものと思われます。
また実際のテニスに詳しい人ほど、その拘りから究極のプレイを目指したがるかも知れません。それを許容する融通性も持ち合わせていそうなゲームに感じられます。

「はじめてのWii」も遊んで見ましたが、聞いていたほど単調ではありませんし、Wiiリモコンも支障なく動作しています。ビリヤードと卓球はお奨めゲームですね。

個人的にゲームをする時間はあまりないのですが、「ゼルダ」も5時間やってしまった……。

今迄にあったゲームを最新のグラフィックで楽しみたいのであればX-BOX360。←プレイヤー寄り
これまでになかったゲーム性を感じたいのであればWii。←クリエイター寄り
これが私の考えとなっています。PS3はソフトが出揃うまでは購入する意味が見出だせませんね。HDテレビも併せて購入出来る潤沢な予算がある人向けでしょうか。

もしWiiが次世代機競争に負けてしまい消えたとしても、ゲーム制作のレベルは新しい扉を開けて戻れなくなってしまったとしても云い過ぎではないと考えています。なるべく多くの方に触れて実感して欲しいハードです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2007.01.01

いっちゃった年きちゃった年

あけましておめでとうございます。
とは云うものの凄く後味の悪い気分で以て新年を迎えてしまいました。

大晦日にTBSで生放送された格闘技「K-1 Dynamite」の秋山VS桜庭戦が為にです。

本当にムカついているので試合を見た方だけを限定に勢いだけで書いてしまいます。
何度も映像を繰り返して見てみたのですが、秋山の膝下あたり、確かに肌の色がおかしいですね。油かなんかが塗られています。
桜庭が寝技で勝負をかけて来る事は誰でも予想出来ますから、これでタックルを難なく交わせると云う細工でしょう。そしてタックル後は桜庭のグローブに油が付着します。これで立ち技の成長著しい秋山に負けはありません。

秋山は柔道着のまま試合前のボディチェックを受けています。しかるのち道着を脱いでゴング。厳正な競技としておかしくありませんか? 試合になるまで道着のままでやるか脱ぐか決めていないと云っていたのも目眩ましに受け取れてしまいます。

試合中、桜庭は何度かタイムを要求していますがレフェリーがガン無視。このレフェリーは前年の須藤元気と山本KIDの時と同様で八百長の疑惑がかけられています。
結局ボコられた桜庭がTKO負けしてしまうのですが、レフェリーはリング外の何かとアイコンタクトを暫く続けたのち、ゴングが鳴ってから二人の間に割り込んで試合を止めています。これもちょっとおかしい。前回の桜庭戦の時と云い彼を殺してしまう積もりでしょうか?

秋山は以前にも柔道世界大会で油疑惑をかけられています。最終的に道着の変更を余儀なくされて敗退。なかなか有り得ませんよ、こう云う事が二回も起こるなんて。
試合後、桜庭の指摘によりレフェリーが秋山の体をチェックしますが、背中と胸をさらりと触っただけで終了。決まっていたかのように即効で勝ち名乗りさせてしまいます。秋山も即効で柔道着を着てるしなあ。

試合前から秋山は桜庭の事をかなり褒めちぎっていましたね。私はこれにも不信感を覚えました。もともと口だけが立派で蚤の心臓を持った秋山は好きではありません。柔道時代から態度が悪かった事も原因です。
総合格闘技に移ってからの彼は大分頑張っているなと印象も好転していました。しかし今回の油疑惑から決して拭えないだろう嫌悪感を新たとされられました。

桜庭は全盛期を過ぎた格闘家であり、最近の試合を見る限り引退すべき存在だと思います。普通に戦っても若くて勢いのある秋山が負ける事はなかったでしょう。なのに何故……。

いまのところ真実は判然としていません。しかし格闘家としても人間としても尊敬出来る桜庭には悲しい思いをさせたくありません。彼は格闘技ブームの立役者であり私たちのヒーローなんですよ。残り少ないであろう彼の選手生活をまともな形で締め括ってあげたいとするのは全格闘技ファンの願いであると思います。

取り敢えず以後の報道で真実が明らかになる事を待ちます。

Continue reading "いっちゃった年きちゃった年"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »