« いっちゃった年きちゃった年 | Main | ゆく年くる年(了) »

2007.01.05

Wii 購入と評価

Wii

任天堂の次世代据え置き型ゲーム機「Wii」を購入しました。

当初は発売日に買う予定を立てていたのですが、運悪くPCが絶不調となり購入資金を回さざるを得なかったが為、泣く泣く機を逸した態で過ごして来ました。
今回購入に踏み切った理由は、地元の量販店が初売りの目玉として、PS3、NDS、Wiiを各1000台ずつ三日間で計9000台も売りに出していたからです。
初売りの最終日ともなれば流石に並ばないでも購入出来るだろうと踏んでいたのですが、ちと考えが甘かったようです。

開店一時間後に赴いたのですが、既に400~500人くらいは並んでいたでしょうか。全ての方がWiiの客ではなかったものの私の整理券は200番台でした。最も人気のあった機種はNDSで整理券は400番台に届いていたようです。因みにPS3(60G)の為に並んでいた方は殆ど存在していませんでした。

寒い中を小一時間ほど列の構成員として過ごします。
NDSを欲している方は言葉通り老若男女を問わず見受けられ、国民への浸透振りを改めて思い知らされました。家族連れは勿論、若い女性のグループや老夫婦までも存在していた事には驚きを禁じ得ません。
Wiiの客層は家族連れも適当に散見しましたが、どちらかと云うと20代半ばからのヤングアダルトなカップルが多かったように思います。これは等身大のモデルを使ったCMの効果でしょうか?
PS3の客層は残念ながら確認出来ませんでした。前日の分が300台しか捌けなかったとの情報も聞いています。

並び始めた時点では生活が裕福とは云い難い為、購入する事にまだ迷いがあったのですが、これから入手する新ハードへの期待から嬉々とする純粋な子供たちを眺めていたら、微笑ましい心のうちに列の前列まで移動していました。

子供たちと同列だとは云えないまでも大きな期待と、知人やネット上での評判から導き出された小さな不安を懐中して帰宅しました。


今回購入したソフトは「はじめてのWii」「Wii スポーツ」「ゼルダ」となっています。
取り敢えず最も遊んで見たかった「Wii スポーツ」のテニスをプレイした感想なのですが、「最高」の一語に尽きます。
以前「サイドポケット」の記事を書いた際、実際にあるスポーツのプレイ感はゲームでは再現出来ない……としたのですが、これを全撤回します。それほどの衝撃を受けました。

「Wii スポーツ」のテニスはWiiと云う斬新なハードに於けるデモンストレーションの役割を受け持っていると思います(発表会の席上で岩田社長と宮本茂さんが楽しんでプレイしていた姿も記憶に新しいところです)。
その為にはWiiリモコンのみで誰しもが楽しめるようにと、テニスが持つ本来のルール等も簡略化されています。ゲーム内でもキャラクターの移動はコンピューターが自動で行ってくれます。

しかし、それでも本当にテニスをプレイしているかのような錯覚を与えてくれているんですよ。
飛んで来る球に対して、キャラクターの位置からフォアで打つかバックで打つかの判断。これを実際に腕を振って行うだけで今迄にないテニスゲームのシミュレーションとして機能するに至っています。
また慣れてない間だけかも知れませんが、操作する人の癖でトップスピンやスライスがかかったりします。それに長時間遊んでいると疲労する事から、球がオープンに飛んで行くのが多発するなんて今迄のゲームでは考えられなかった「リアルさ」と云えるでしょう。
テニス好きの私と妻は腕が痛くなっているにも関わらず3時間も連プレイしてしまいました。

Wiiのゲーム全般で能く云われている評価として、「最初は楽しめるが底が浅い」とするものがありますが、こと「Wii スポーツ」のテニスに限っては間違った評価だと思います。
これほど夢中になれるスポーツゲームには出会った事がありません。ゲーマーとは云えない一般人の妻がその後また2時間ほど遊んでいました。最初は難度が低く誰でも勝ち続けられるものの、プレイを通してのポイント制が取られており、遊べば遊ぶほど敵キャラクターも強くなって行きますので長く楽しめるものと思われます。
また実際のテニスに詳しい人ほど、その拘りから究極のプレイを目指したがるかも知れません。それを許容する融通性も持ち合わせていそうなゲームに感じられます。

「はじめてのWii」も遊んで見ましたが、聞いていたほど単調ではありませんし、Wiiリモコンも支障なく動作しています。ビリヤードと卓球はお奨めゲームですね。

個人的にゲームをする時間はあまりないのですが、「ゼルダ」も5時間やってしまった……。

今迄にあったゲームを最新のグラフィックで楽しみたいのであればX-BOX360。←プレイヤー寄り
これまでになかったゲーム性を感じたいのであればWii。←クリエイター寄り
これが私の考えとなっています。PS3はソフトが出揃うまでは購入する意味が見出だせませんね。HDテレビも併せて購入出来る潤沢な予算がある人向けでしょうか。

もしWiiが次世代機競争に負けてしまい消えたとしても、ゲーム制作のレベルは新しい扉を開けて戻れなくなってしまったとしても云い過ぎではないと考えています。なるべく多くの方に触れて実感して欲しいハードです。

|

« いっちゃった年きちゃった年 | Main | ゆく年くる年(了) »

Comments

ちすバブシカさん、クリスです。Wii購入おめでとうございます。
バブシカ邸ではかなりWiiの方向性とマッチしたニーズがあった
ようですね。

Wiiは正直な話これまでのコンピュータゲームとは違うフォーマット
を「要求する」機械だと思います。一人より二人で楽しむような、
見て見られて楽しむような。

くだらないと思われるかもしれませんが、案外我が家ではパズルモード
の需要が高かったりします。48ピースになるとなかなか難しいの
ですが、動画でやるのも楽しいですし、静止画でもかなり夢中になれ
ます。
※実質3人でホントに遊べるのはこれくらいでした(^^;。
※今日はエレビッツを買ってきたので、これがあるいみ初の3人用
 ソフトになりましたけど。

ストラップは既に太いモノに変わってるんでしょうかね。ウチは3本中1本が細く、任天堂に今日電話して送ってもらう算段になりました。
※到着後手元にあるものを返信用封筒で送る形になります。
比較すると明らかに細いのですが、よほど派手にやらなきゃ大丈夫だとは思うんですけどね。

ゼルダ、クリアされるまで頑張られることを期待します。風のタクトでもそうでしたが、クリアしてはじめて感じられるものってのがゼルダにはありますからね。

Posted by: クリス | 2007.01.05 at 06:53 PM

遅ればせながら何とか購入出来ました。

今すぐに楽しめるゲームをしたいのであればX360が確実なんですけどね。個人的に楽しむのでしたら間違いなく360を買ったと思います。

しかしクリスさんの云うように家庭のニーズがWiiにありました。
まだまだこれからのハードなのは確かですが、期待料も込められています。何より私が任天堂の信者だからと云うのもありますね。

Posted by: バブシカ | 2007.01.06 at 05:17 AM

wiiっていいですよね。でも1人でやるとちょっと悲しいかな・・・。因みに私はPS3はですがwiiも持っています。たとえソフトが少なくても60000円の価値はありましたよ。あれだけの機能があってあの値段だとむしろwiiの方が圧倒的に高く見えます。というか実質的にwiiの方がPS3より高いのは確かです。

Posted by: ・・。 | 2008.01.20 at 01:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57777/13339865

Listed below are links to weblogs that reference Wii 購入と評価:

« いっちゃった年きちゃった年 | Main | ゆく年くる年(了) »