« January 2007 | Main | April 2007 »

2007.02.13

家庭教師

Yasuyuki

1990年に発表された岡村靖幸さんの4thアルバムです(画像は次作「禁じられた生きがい」のジャケットとなっています)。

岡村靖幸さんは一般的にメジャーな存在ではないと思うのですが、一部のファンと現役ミュージシャンたちから絶大な支持を受けているアーティストだと云えます。

1984年に若干19歳で作曲家としてデビューした氏は、渡辺美里さんを中心に楽曲を提供し実績を重ね、1987年にアルバム「yellow」でソロデビューを果たします。
そして翌年に2ndアルバム「DATE」をリリース。シングル「イケナイコトカイ」の有線リクエストと、アニメ「シティハンター2」のエンディング曲を提供した事で世間に認知される事となります。

しかし和製プリンスを地で行く風貌と淫靡な内容の詩が多い事から、メディアへの露出は多くありませんでした。

1989年に発表された3rdアルバム「靖幸」からはホンダアルトのCM曲となった「だいすき」がヒットしたものの、メジャー路線に乗せられないキャラクターとして、知る人ぞ知る……と云う位置に甘んじていたと云えるでしょう。真っピンクのアルバムジャケットは斬新と気色悪さを演出していました。

1990年に発表された「家庭教師」は現在にも氏の最高傑作と謳われる名盤として輝きを失っていません。
極上のポップスとダンスミュージックの軽快さにファンクが味付けされていて、飽くことなく聞き続けられる内容となっています。
全9曲41分、捨て曲もなく纏められています。構成としてはシングル曲の寄せ集めにも思えるのですが、不思議なトータルバランスを有しています。これは氏のアルバム全般に云える事ですね。
作詞作曲アレンジ、演奏までも全て一人でこなしてしまう氏だからこそ出来る奇跡の構成術とも考えられます。
特に現在の耳にも新しいアレンジ面での才能は刮目に値しますね。若干25歳の若者が手掛けた作品とは思えないほどの完成度を有しています。
デビュー直前のミスチル桜井さんが大きな衝撃を受けた事にも納得が行きます。

本アルバムからは「カルアミルク」と「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」のシングルヒットが生まれています。

しかし、ここから岡村靖幸さんは長い冬眠に入ってしまいました。
5thアルバム「禁じられた生きがい」が発表される1995年まで5年を要してしまいます。
定期的にシングルは発表されるもののアルバム発売は幾度となく延期を繰り返します。アルバムと同名の全国ツアーが行われてもいたのですが……。

この間氏に何があったのかは判然としません。親友であった尾崎豊の死も無関係ではなかったと思われるのですが、実際は去年の事件へと連綿と続く問題を抱えていたのではないかと考えてしまいます。

2005年冬、最悪のニュースが耳に飛び込んで来ました。
「岡村靖幸、覚醒剤取締法違反で逮捕される」
1990年以降、ファンの間で噂となっていた懸案が明白となった瞬間でした。
そうして、最も最悪なニュースだったのが、2003年にも氏が同罪で逮捕されており、懲役2年、執行猶予3年を経過していない事実です。これにより今回の逮捕で実刑を免れないと悟らされました。

現在、岡村靖幸さんは服役中の身上です。
刑期を全うして出所したとしても芸能界に復帰出来るかどうか分かりません。
覚醒剤が自他ともに与える危険を知る以上悪い事には相違ないでしょう。
しかし公判で見せた涙は純粋な岡村靖幸を知る私たちファンにとって、決して嘘とは受け取れないのです。
いつまでも「家庭教師」をも超える名盤を届けてくれる筈だと心待ちに期待し続けています。

Continue reading "家庭教師"

| | Comments (16) | TrackBack (0)

2007.02.02

検索ワード

Vivirante_1

久し振りにアクセス解析を見てみたら、一週間分の検索ワードがご覧のようになっていました。
なんで「ビジランテ」がこんなに……?

以前「ドラゴンバスター」が異様に検索されていた事はありましたが、お世辞にも名作とは云い難いビジランテにこれだけの需要があるとは思えませんねえ。

リンク元を調べてみましたが、どこかに貼られていた訳でもないようだし理由が全く分かりません。不思議だ……。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | April 2007 »