« G3ガンダム 完成 | Main | 忍者くん_魔城の冒険 攻略 »

2007.07.02

G3ガンダム_07

Pgg78

キット素組みとのプロポーション比較……と云っても角度が違うので参考になりませんね。

実際には足の長さと太さを増しただけなので、上半身はキットのままと同様です。

しかしキットだと上半身と下半身の繋ぎ目に隙間があり胴長に見えてしまいます。ちょうどコクピットハッチとフンドシ部分の間ですね。
ここは腰の接合部を細工する事で胴体が腰に一段入り込むように改造しています。これで胴長短足の印象がなくなりました。

またキットは腰の部分にボールジョイントが仕込まれていて可動するのですが、殆ど意味のない可動なので強度も考慮して固定してしまいました。このようにしないとシールドを取り付けた際にその重さで上半身が傾いてしまうんですよね。

本キットはガンダムのパーフェクトグレードシリーズ第1弾でしたので、現在から見ると多少の問題点を抱えています。

第一に可動部のモロさが挙げられます。
要所でビスによる保持を設けているのですが、それでも肘と膝、踝の関節がパーツの重さに負けています。
次作のPGザクでは多少改善されたように感じました。以後、私はPGシリーズを購入していないのですが、ゼータガンダムでは変形機構と関節の保持が完璧になったと聞いています。

第二にパーツ勘合の悪さを挙げたいと思います。
PGシリーズはマスターグレードシリーズ以上に内部メカの再現を目指しており、開閉する装甲パーツにより差し替えなしで内部メカを確認出来るようになっています。
これは素晴らしい試みで成功していると云えるのですが、CAD設計が未熟だった為かパネルラインに微妙な隙間が生じてしまう負も作ってしまいました。

今回私の作ったPGガンダムでは装甲パネルの開閉を全て省略しています。パネルラインはおろか無駄だと思われるスジ彫りさえ全て省略しました。

せっかくの売りである内部メカが見えなくなるのは勿体ないとする考えもあったのですが、内部メカのデザインと造形が中途半端な出来映えであるのは否めないところですし、可動部がポリパーツを多用したものとなっていて玩具っぽさが消えません。これを解消する為には多大な労力が必要になった事でしょう。
機会があったらもう一度PGガンダムを作りたいとする願望もあるので、その時には是非とも再現したい部分ではありますね。その時は哀戦士のポスター版カラーリングにしようかなあと考え中。

もうひとつPGガンダムの弱点を挙げるとなると、キット全体に色気がないと云う部分になります。
これはガンプラに限らず30センチ強もある巨大模型には常に付き纏う懸案とも云えます。

大きな模型は目が平面を捉え易い事からライン全体が単調に見えてしまい勝ちになるのです。特にPGガンダムはスジ彫り等のディティールが少ない事からも、この負を多く背負ってしまっています。

またCAD設計による負も抱え込んだ事が拍車をかけています。
旧キットの1:60ガンダムを持っている方は見比べて欲しいのですが(そんな人はあまりいないか……)、PGガンダムに比べて曲線の色気が出ていると思いませんか?
この頃のキットは職人さんが金型を手で彫っていたので、人間らしい癖が出ているんですよね。悪く云えば平面がキチンと出ていない事もあったりするのですが、現在のプラモデルよりも意匠を感じる事が出来ます。

PGガンダムも一部は手で彫っている感じが見えるものの個性の少ない作品に見えてしまいます。

旧キットで育った世代としては少しでも色気を出したいと考えて、以下のような工作を施してみました。

平面をペーパー掛けする際に角から角、線から線へ目で確認出来ない程度の曲線を作る。
そのままだとダルくなってしまうので、ラインを修正しながらエッジ出しは念入りに行う。

と、文章で書くとたったこれだけなのですが、もっとも時間のかかったのがこの作業でした。外装のほぼ全パーツに施したので労力も多大に使っています。これに比べたら足のボリュームアップ改造などは可愛いものです。

画像で判別出来るかどうか微妙ですけども、全体に曲線と丸みが生まれ、エッジは効いていると云う作風にはなったと思います。

因みに今回の画像が実物の色味に一番近いものとなっています。
PGクラスの大きさを持ったプラモデルをデジカメ撮影したのは初めてだったのですが、いつものように照明なしではピントが全く合わないし、撮影する角度なんかも難しいですね。未だに三脚を入手していないのでどうしても手ブレが出来てしまいます。時間があったらもう少しまともな画像も撮っておきたいところです。


http://babsika.cocolog-nifty.com/okiniiri/2006/06/pg01_a3b1.html
以前にも似たような内容の記事を書いていた事を思い出した……。

|

« G3ガンダム 完成 | Main | 忍者くん_魔城の冒険 攻略 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference G3ガンダム_07:

« G3ガンダム 完成 | Main | 忍者くん_魔城の冒険 攻略 »