« July 2007 | Main | October 2007 »

2007.09.20

大人の玩具

Furuta先日、東京ヤクルトスワローズの古田敦也氏が今期限りでの監督辞任、選手生活引退を表明しました。

今期ペナントレースでの最下位決定に於いての引責辞任と云う事になります。シーズン最中でペナント争いが激化して盛り上がっている中、何故この時期に発表したのでしょう?

そうです。彼は大人の食い物にされていたのです。

眼鏡を掛けていると云う理由で最初のドラフトに掛からなかった事を除けば、彼の人生は順風満帆に進んで来たと云えるでしょう。
ルーキーイヤーから正捕手として活躍し、首位打者を始めベストナイン9回、MVP2回、オールスター連続16年出場、日本シリーズMVPも2度受賞。
2005年には大卒社会人経験者で史上初となる2000本安打を放ち名球会に名を連ねました。
捕手としても超一流でデータを分析した上でのクレバーな投球組み立てと、驚異的な盗塁阻止率を誇る強肩には定評がありました。

しかし野村克也監督を師とするID野球の申し子は、その嫌味がないインテリ風貌と世間からの好感度を買われ、時に神輿として担ぎ出される役割も余儀なくされてしまいます。

プロ野球選手会長就任。これがケチの付け始めだったのではないでしょうか。
就任後ほどなくして起きたストライキ問題。大きなプロ野球機構側に挑む一選手古田敦也がクローズアップされます。狡猾な弁護士と間抜けな選手たちが人の好い彼を担ぎ出した瞬間です。涙の記者会見に世間の評判も上々。周りの大人は思いました。

「使える眼鏡のお坊ちゃんだな……」

2005年オフ、選手生活のみを続けたいとする古田を恐喝的契約内容で兼任監督に仕立て上げたヤクルト首脳陣。
2006年は上位チームの自滅で3位となったものの、今年は早々と優勝争いから脱落。
この間、球団は古田監督の話題だけで足を運んでくれるファンの収入と、マスコミ宣伝効果だけをプラスとして、マイナスになる可能性のある必要な選手補強さえ行いませんでした。

現役選手に人一倍拘泥していたものの、兼任となってからはろくな自主トレーニングや練習も行えず怪我に泣かされた続けた古田氏。

今回の辞任引退会見でも彼は堪え切れず涙を流しました。

「悲しいと云うよりは悔しいです」
正直な彼の偽りない心情だと思います。しかし球団の催した会見であり、これ以上の気持ちを公に出来ない優柔な彼のぎりぎりの行動でもあったのではないでしょうか。
まあ球団としては今の段階で会見をしておけば、ペナントレース終了まで客足が途絶える事もないだろうと考えている筈です。

彼を辞任引退に追い込んだのは何も汚い大人たちだけではありませんよ。
そうです貴方たちもA級戦犯と云う事を肝に銘じた方が良いのではありませんか……凡打してもエラーをしてもチームが負けてもヘラヘラと笑っているスワローズ選手たちよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007.09.01

雑記070901

一ヶ月も放置してしまったので、たまには何か書いて置こうかなと思い筆を執った次第です。ここ最近遊んだゲームや聴いた音楽などを適当に書いてみます。


034ハーフライフ2

2004年に発売されたWIN用のFPSです。
かなり以前から少しずつプレイしていたのですが、先月やっとシングルモードをクリアしました。
前作であるハーフライフがFPS新時代を切り開いた偉大な作品であるが為に、色々と批判もあるゲームではありますが、個人的にかなり楽しめましたし面白い作品だと思います。

ただパズル要素が強くFPSとしてシューティング要素が低いのが残念ですね。もう少しだけシューティングのシーンが多くロード時間が短ければ良かったなあ。
逆にFPS初心者にはお奨め出来るゲームになっているのではないでしょうか。PCのFPSを好きになれない方の多くが「単調さ」を理由にすると思うのですが、パズル部分がその弱点を補うアクセントとして機能しています。
あとは足枷としかなっていないビーグル搭乗シーンさえなければ……。

ハーフライフ2はそのうちちゃんとした記事を書きたいと思います。



Screenshot7オブリビオン

2006年に発売されたWIN用のシングル専用RPGです。

XBOX360用も発売されたので知名度がぐっと上がりましたね。
前作モローウインドから気になってはいたのですが当時プレイ出来なかったので、個人的にはやっと遊べた感が強いですね。特に日本語化パッチの作成に関わられた有志の方々には感謝の気持ちで一杯です。

ゲームシステムと現在のハード性能が見事に融合した名作だと思います。
でも面白すぎて時間を消費してしまう事から既にアンインスコしてしまいました。続けていたらジャンキーになっていたことは確実です。
不満がある部分もあったのですが、MODを導入する事で自分好みにカスタマイズ出来る融通性は止め時を失うのと、それ自体に面白さがありました。

オブリビオンの記事は書いていたのでアップしようと思ったのですが、ちょうどクリスさんが評価0点と云う記事をアップされたので破棄しちゃいました。反感記事となってクリスさんとの親交が途切れるのを避けます(^^)


Kawamako_4川本真琴

1996年にデビューした女性シンガーソングライターです。
デビューシングルを岡村靖幸さんがプロデュースした事で有名ですけど、るろうに剣心の主題歌のイメージの方が一般的でしょうか。

偶然押入から発掘したのですが、いま聴いてもこれは良いですね。と云うか当時よりも新しい印象を持ちました。
アルバムを2枚だけ出して表舞台から消えてしまった感のある川本真琴さんですが、現在でも名義を変えて活動はしているようです。

私の印象だけで云わせてもらうと彼女は所謂「のだめ」ちゃんで音楽業界のローテーションに自分を組み込めなかったのではないのかなと思ってしまいます。曲を聴いた感じだとフリースタイルのものが得意そうだし、歌謡曲として洗練されると個性が低くなると云うジレンマもあったのではないかと思います。

またデビューした当時の不思議少女のイメージに飛び付いた「オタク」層ファンの存在。これは遊佐未森さんも同様で、創作家としての道を閉ざす結果を招いたのではないでしょうか。ここには考察の余地がありそうですね。



Kameアーケロン

モデルカステンからレジンパーツを用いたハイブリッドキットがそろそろ発売されるのですが、以前作った胴体にウェーブのA.F.S mk.Ⅱの四肢を移植して自作してみました。

横山宏さんの作ったオリジナルモデルよりも胴体を長くしています。1983年当時HJ誌に載っていたイラストをもとに個人的な好みで調整したと云う感じですね。
レーザーの筒部分やパイプスプリングの基部もデッチアップ気味。あとは時間を作って塗装したいところです。


あとは「忍者くん」の開幕パターン検証を続けているものの、なかなか進展していないのが現状。
年末用と来年三月に向けて応募小説を書いているのでブログ更新頻度は低くならざるを得ないところです。こんなところでも毎日訪れてくれる方がいるのに申し訳ありません。いつの間にか50万ヒットしていて驚きました。でもオビリビオンを止めたので多少の余裕は出来たかも。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | October 2007 »