« 秘密の取引 その2 | Main | マイクロソフト エルゴノミックキーボード4000 »

2007.12.21

秘密の取引 その3

Cimg3735

頭部の塗装が終わりました。

ジオングはHG、MGともに頭の大きい印象があるのですが、個人的には許容範囲内だと感じます。ただ左右アンテナの基部とも云える耳当てが角張っていてデザインの整合性が取れていませんね。

ここはかなり気になる部分なので、パテで裏打ちをして丸くなるようなだらかに削り込みました。

またHGはモノアイ内部が省略された形となっているので、パーツを輪切りして左右モノアイレール部分のみ金属部品で作り込み。
モノアイレール上部はキットのままですが、筋彫りを消したのち丁寧に成形し、ラッカー艶あり黒で塗装。仕上げにスモークを吹いています。
こうする事で若干奥行きが生まれて疑似クリアーパーツとなります。

手を入れたのはこんなところですが、左右モノアイ部にちょっとした仕掛けを作っています。
私やクリスさんのようなファーストガンダム世代はジオングと云うと、モノアイが左右どちらかに偏って位置している印象が強く残っていると思います。
これはアニメ本編や設定画、旧キットの箱絵が影響しているからなのですが、これを今回HGキットで再現してみる事にします。

その為にはモノアイ自体に可動軸を設ければ良いだけの話でしょうけど、移動レバーを付けるのは格好悪いし、わざわざパーツを外して動かすのも億劫です。なので考えたのは目の錯覚を利用したトリックです。

簡単な事なのですが、モノアイ自体を正面の奥まった位置に付けて見ました。
こうする事で見る角度の問題から下画像のように、左向きの時はモノアイが右に、右向きの時はモノアイが左に位置しているように見えるのです。

Cimg3778Cimg3781

もちろん正面から見ればモノアイは真ん中に位置している事になります。まあ大したものではないのですが、なかなか効果的なアイディアではなかったかと思います。

ああ、今日はエロギャグ入れるの忘れていました。期待されていた方には申し訳ありまセンズリータ。

|

« 秘密の取引 その2 | Main | マイクロソフト エルゴノミックキーボード4000 »

Comments

超メタリック。めちゃ金属。重そうで冷たそうな感じがたまりませんね(^^)。僕はモラリストでフェミニストでオナニストなので下ネタは振りません。辛抱タマランとか言いません。

全体の印象からすると最初の黒が勝ってる仕上げだと顔がボディに負けるかなぁと思いましたが、これだけ明るくなるとしっかり自己主張しますね。顔は人形の命ですから、このトーンはとっても正解だと思います。
※指はロボットの命とも言いますが(^^;

モノアイに関しては確かに左右にズレた位置にソソられる僕がいますが、これならセンターも左右も楽しめてなかなかな発想ですね。別に年内に仕上げなくても結構ですから、楽しんでやってくださいませ。っていうかバブシカさんが楽しんで作ってること自体が僕をとても楽しませてくれてますしね(^^)。
※完成しない方がいいみたいな言いぐさですな。

Posted by: クリス | 2007.12.22 at 01:39 PM

自分はリストファッカーでリストカットする女の子が嫌いなパイプカットに憧れている大橋巨泉フェチだったりします。

職場の隣がヨドバシなんで足りないカラーやデカールを買いに行ったら、レジ待ち30分以上なんで諦めて就業。
今日は間違いなく模型屋に買い出しに出かけて来ます(^^)

Posted by: バブシカ | 2007.12.23 at 08:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57777/17434124

Listed below are links to weblogs that reference 秘密の取引 その3:

« 秘密の取引 その2 | Main | マイクロソフト エルゴノミックキーボード4000 »