« DREAM CAST Emulator | Main | えみゅなび »

2009.03.23

我が家にファルケがやって来た

01_2

アマゾンで予約していたハセガワ社「1:20 FALKE」が届きました。
先ず30㎝超はある箱の大きさに驚かされます。マシーネンクリーガーシリーズの物として最大ですね。そうして毎回のように素晴らしいボックスアートからなるトータルデザイン。否が応でも期待は高まり股間がマリモッコリ。
今回はシュリンクパックされていない箱ですが早速チッチョリーナしてオープン・ザ・ご開帳。

02

機体パーツがまた大きい。羽賀研二か田原俊彦かと云うくらい。そうしてその色気ムンムンの曲線美に悶絶してしまいます。パーツ状態のままでこれだけ興奮させられたのは小学生以来かも知れません。
これは本体パーツが大きい事から作る前でも完成図が想像出来るからかも知れません。最近のプラモデルが失った模型本来の楽しみを感じさせてくれているようです。

他のパーツも最低限の組立で完成出来るようにパーツ分割されています。しかし大味ではなく高い精度を誇っていると云えるでしょう。作る時間が融通出来なかったので二日間は箱とランナー状態のパーツを眺めて過ごしました。これはこれで幸福な時間ですね。

休日を迎えたので早速制作開始。10時間かけて一気に組立完了。

03

素晴らしい模型を提供してくれたハセガワ社と原作者の横山宏先生ならび関係者の方々に感謝感謝の雨あられです。
まさか20数年を経てファルケの新規インジェクションキットが入手出来るとは思ってもいませんでした。夢想はしても現実になるとは本当に良い時代が回って来たものです。

次の休日には塗装する楽しみが待っています。それまでは様々な角度からこの素晴らしいプラモデルを眺めて過ごそうと思っています(^^)

0405

|

« DREAM CAST Emulator | Main | えみゅなび »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 我が家にファルケがやって来た:

« DREAM CAST Emulator | Main | えみゅなび »