« April 2010 | Main | July 2010 »

2010.05.18

ケロメカ 制作中

Cimg5307 Cimg5290

最近はこんな物を作っています。カエルをモチーフにしたオリジナルの人型ロボットです。
スケールサイズは1:48で20㎝強となっています。デザインは全くのオリジナルなのですが、スターウォーズのプロップモデルに代表されるコラージュ的な制作方法に則り進行。これは元々ある模型や身近な部品などを使って外観や細部を構成して行くやり方で、全てを一から作るフルスクラッチビルドに比較すると、気軽に楽しめる手法となっています。

しかし理想とする形が判然としている場合には、その形に添ったパーツが必要になりますし、どうしても都合出来ない場合は一から作り出さないといけなかったりするので、労力が少ないかと問われれば否であったりもします。
それでも利点は多くあり、パーツの組み合わせ方次第で思っても見なかったフォルムの妙が作り出せたり、もともとのパーツにある高精度のディティールを利用したりも可能な訳です。
気を付けなければならない禁忌もあり、元となったパーツがあからさまに分かってしまうと格好悪いかなと思います。ここは個々のセンスの問題かも知れません。


今回のケロメカは去年の11月から作り始めたので既に半年が経過してしまいました。もともとお世話になっている方への贈答品として軽く作る積もりだったのですが、頭部を作ったあたりからイメージが膨らみ出してハードディティールなリアルメカとなってしまいました。
現段階は下地塗装まで終わっており、後は部分的な本塗装を残すのみとなっています。時間的な余裕があれば今月中には完成するかも知れません。
本ブログでは模型記事の需要は殆どないのですが、生きた証しを残すと云う意味で制作途中画像も以下に貼って置きます。

Cimg5172 Cimg5177

Cimg5200 Cimg5217

Cimg5211 1428477520_141

Cimg5192

Cimg5222 Cimg5223

Cimg5310 Cimg5309

Cimg5320 Cimg5313

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2010.05.11

1:144 ミレニアムファルコン

Cimg5382

先月発売されたスターウォーズに登場する宇宙船の模型です。
中小企業メーカーの雄ファインモールド社の最新キットでもある本作なのですが、これがまた素晴らしく良く出来たプラモデルとなっています。

FM社は以前にも完成すると30㎝強となる1:72 ミレニアムファルコンを発売しているのですが、今回の1:144サイズはB5用紙ほどの手頃な大きさで扱い易く、組立も簡単なビギナーからお奨め出来るプラモデルと云えます。

昨日アマゾンから発送されて来たキットを早速2時間ほどで組み立ててしまいました。部品点数も最低限に抑えられており、パーツの勘合も心地良くストレスフリーな気分で楽しめました。
組み立てた後は子供がするように様々な角度から模型を眺めて悦に浸る幸福も味わえます。

あとは暇を見付け塗装するのですが、立体を手に取り楽しむと云う意味ではこのままでも良いのかなとも思います。
スターウォーズのメカは好きだけどプラモデルは作れないと云う方にこそお奨めしたい気持ちがあるのですよね。それほど本作は手軽に楽しめる逸品だと思います。
全くの初心者にはどうか分かりませんが、相当昔でもプラモデルを作った事のある方であれば完成までの道程は険しくないと考えられます。

またモデラーから見てもスターウォーズの模型は一部の濃いファンから成り立っているのは否定しませんので、とても敷居が高いイメージがあるのも事実です。しかし、これだけ簡易に作れる素晴らしいプラモデルがあるのですから多くの人に触れて欲しいなと思ってしまいます。本当に簡単に組み上げる事の出来る傑作キットとなっていますよ。

Continue reading "1:144 ミレニアムファルコン"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2010.05.09

DOOM 3

Doom3_20100509_02293060

2004 年にid softwareが発表したPC用のFPSゲームです。

先日漸くクリアしました。初プレイ時から数えると足掛け5年も経過しています。
これほどまでに時間がかかった理由は、場面によって単調なゲーム展開と私の飽きっぽい性格からに他ありません。
決して不出来な作品ではないのですが、ゲーム序盤(3~5時間くらい)が最も詰まらない為にすぐ止めてしまいました。再びやり始めたあとは俄然面白くなりゲーム三分の二ほどまで一気にプレイ。ゲームの核心部ともなるHELLの手前が単調に感じられてまた放棄。HELLに突入するとまた俄然盛り上がり一気にエンディング直前までプレイ。なんとなく遊ばなくなってまた数ヶ月放置。そうして今回やっとクリアしたと云う流れになっています。

ゲーム内容や批評については、大作ゲームだけにネット上には沢山用意されているだろうとして私が書くまでもないですね。ただ思うのは最近のCall of Duty : Modern Warfare 2などの大ヒットを受けて、純粋にシューティング部分だけを10時間20時間と楽しめる作品はなくなって行くのだろうなと云う感慨です。
物語性や娯楽性が重視される事が悪い訳ではないのですが、FPSゲームが本来持っていた愚直なまでの単調さが時代とともに失われつつあるのは悲しいかなと思った次第です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | July 2010 »