« My Favorite Game 100 ファミリーコンピュータ編 25 | Main | My Favorite Game 100 ファミリーコンピュータ編 27 »

2011.03.17

My Favorite Game 100 ファミリーコンピュータ編 26

95_j_201103080450415

●影の伝説
タイトー 1986年4月18日発売

原作は1985年に発表されたアーケード版となっています。
AC版は忍者物であり適当に操作していても動きが大きいアクションゲームとして、比較的低年齢層のユーザーに人気を博していました。デモ画面で自機を操作出来る隠しサービスがあり、お金を入れずに遊べる事も大きかったと思います。

ゲーム性は比較的低い部類なのですが、手裏剣8方向撃ち分け、近距離の刀攻撃などテクニカルな要素も含まれています。ただジャンプ力が高すぎて軌道も一定なところから大味な印象を抱かせます。この部分を上手く解消したのがアイレムから後日発表される「最後の忍道(AC1988)」と云えますね。

ファミコン版はアイテム、隠しキャラを追加していますが、内容としては原作に忠実なものとなっています。ゲーム性も大差ありませんね。
真面目にやり込もうとするよりはガチャプレイで気分転換を図るに適した作品だと思います。


96_j_201103080457087

●マイティボンジャック
テクモ 1986年4月24日発売

テクモ(旧テーカン)参入第一弾ソフト。原作は1984年発表のAC版「ボンジャック」なのですが、固定画面のアクション物から任意スクロール型アクションにグレードアップしています。

発売前から雑誌で特集が組まれるなど「スーパーマリオの次はこれだ」的な期待を以て迎えられたタイトルでした。が、蓋を開けてみれば足許にも及ばず「ゲームセンターCX」で取り上げられるまで歴史の闇に葬られていた感のある作品となっていました。

斬新で良好な操作性。変化に富んだステージ構成。美しいグラフィックス。また、良いものを作ろうとする意欲も感じられる作品ではあります。
しかし、ゲーム進行に関わる根幹部分を理不尽とも云える「隠し要素」に組み込んでしまったのは大きな失敗だったと云えるでしょう。

それ以上の過失は敵キャラクターの性質ですね。
原作からの性質をそのまま引き継いだ敵キャラクター達は、一定時間経つ事で別のキャラクターへと変身して行きます。これ自体が悪い事ではないのですが、大概が空中移動可能な性質を持っている為に、自機に安全地帯を作らせないと云う特徴を有してしまいました。

私はリアルタイムのアクションゲームに於いても、自機が敵に攻撃されない安全地帯が絶対必要だと思っています。それは指と頭を休める為の意味がありますし、次の行動へ移る為のクッション材、若しくは演出の「溜め」になると考えるからです。

安全地帯とは云っても永久パターンを誘発するような意味合いではなく、ただ敵が出現しない場所、敵が攻めて来られない場所であれば良いのです。
例えば「スーパーマリオ」で土管を挟んで存在していたノコノコが、急にゲッソーに変身して攻めて来るアルゴリズムを持っていたとしたらどうでしょう? 忙しなさすぎやしませんか。しかも、そのゲッソーは踏ん付けて倒す事が出来ず、触れただけで即ミスとなってしまうのです。
マイティボンジャックとは正しくそのようなゲームとなってしまっているのです。

ゲーム内容がステージに多く配置してある宝箱を空けながら進むプロセスを余儀なくしているのに、アイテム入手と云う楽しささえも感じさせない忙しさで敵が攻めて来ると云うのは厳しすぎると感じます。
この部分さえもう少し考慮されていたならば、スーパーマリオを凌ぐ事は無理だったにせよ、一太刀浴びせられる程度の好作品になったのではないかと残念に思えてしまいます。

|

« My Favorite Game 100 ファミリーコンピュータ編 25 | Main | My Favorite Game 100 ファミリーコンピュータ編 27 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57777/51139914

Listed below are links to weblogs that reference My Favorite Game 100 ファミリーコンピュータ編 26:

« My Favorite Game 100 ファミリーコンピュータ編 25 | Main | My Favorite Game 100 ファミリーコンピュータ編 27 »