2008.01.20

NAMCO_ICONS

Namco

少しずつ作り溜めていたアイコンです。今回の物はナムコのオールドゲームのみを抜粋したものとなっており、MAMEで「小さいアイコン表示」した際でも認識出来るようにシンプルなものを目指しています。
54種類のアイコンがありますが、以前のようにゲーム中のキャラクターを網羅する形を取らずに、それと分かり易い代表的なアイコンを1ゲーム1種類揃えたものとなっています。

圧縮状態で84KB、展開すると444KBになります。宜しかったらお使い下さいませ。

「namco.icon.zip」をダウンロード

| | Comments (20) | TrackBack (0)

2006.06.12

mame icons 14

Chaknpop

以前作ったもののアップし忘れていた「ちゃっくんぽっぷ」のアイコンです。
個人的に大好きなアクションパズルゲームの佳作なのですが、出荷台数も少ないマイナー作品なので需要はないかなとも思います。
MAMEに於いては親ゲームのみで派生を持たない事から、アイコンの選択と遊びの幅も限られてしまいますね。それでも宜しければ使用して下さいませ。

「chaknpop.zip」をダウンロード

(圧縮状態で300kb、展開すると1.3mbになります)

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2006.05.03

mame icons 13

Ldrun00

今回はロードランナーのアイコンを作って見ました。

「ldrun.zip」をダウンロード

(圧縮状態で250kb、展開すると900kbになります)

Ldrun01
お好きなアイコンを上の画像にあるディレクトリ名に書き換えてから、MAMEのiconsフォルダへ収め起動する事でアイコンが表示されるようになります。

Ldrun02
君のオケツにディグファイト!

Ldrun03
ウンババウババウバウバ(オラにもディグファイトやらせてけろ~)

Ldrun04
ブゥ~ン・ブ・ブ・ブ・ブゥ~ン(ワタシトディグファイトスルニハクスコカクチョウガヒツヨウナリ)

Ldrun05
最後に僕もディグファイト!

当時ロードランナーはサラリーマンがテーブル筐体に¥100硬貨を積み上げて延々と連コインしてましたねえ。
私も大好きなゲームでしたので結構遊んでいましたが、どちらかと云うとファミコン版をメインにやっていました。現在に遊んでも良く出来たゲームだと云う事実に疑いを持ちませんが、キャラクターの動作が少し重くて緩慢な感じもします。
近年、彩京から発表されたロードランナー・ザ・ディグファイトは今風にアレンジされた良作でしたが、私の知る限りゲームセンターでのインカムは最低に近いものだったようです。良く出来ているのに人気がない……アーケードに於けるアクションパズルゲームの需要がなくなってしまった証拠と云えるのかも知れません。
いつの世でも腰を落ち着けて難解なパズルゲームを楽しもうとする余裕ぐらいは持ち続けたいものですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.05.02

mame icons 12

Rtype00

今回はR-TYPEのアイコンを作って見ました。

「R-TYPE.zip」をダウンロード

(圧縮状態で400kb、展開すると1300kbになります)

Rtype01
お好きなアイコンを上の画像にあるディレクトリ名に書き換えてから、MAMEのiconsフォルダへ収め起動する事でアイコンが表示されるようになります。

Rtype02
自機と仲間。エンディングで登場するキャノピーの色違いバージョン。

Rtype03
フォースの3段階成長セット。

Rtype04
フォースの成長と選択を促すパワーアップアイテム。

Rtype05
最終面のザコ敵である水子ちゃん。案外可愛い?

横スクロール型シューティングの場合、自機キャラクター縦横比の関係でアイコンを作るのが難しくなります。正方形の中に横長のキャラクターを入れる訳ですから、どうしても上下に空間が出来てしまい不均衡になるのがその理由です。MAMEに於けるグループ化アイコンの大きさを考えると、小さくなり過ぎて何のキャラなんだか視認出来なくなってしまいますね。
画像を回転させ斜めに表示する事でキャラクターを大きくした物も作って見たのですが、ゲームの雰囲気と合致しないようだったので没にしました。
基本的にぱっと見の分かり易さを考慮してゲーム内のキャラクターのみと云う足枷で作っている為、GUIの形態自体を変更しない限りこれ以上のものを作るのは無理そうだなあ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2006.05.01

mame icons 11

194200

今回は1942のアイコンを作って見ました。

「1942.zip」をダウンロード

(圧縮状態で150kb、展開すると800kbになります)

194201
お好きなアイコンを上の画像にあるディレクトリ名に書き換えてから、MAMEのiconsフォルダへ収め起動する事でアイコンが表示されるようになります。

194202
編隊を全滅する事で様々なアイテムを提供してくれる赤水を並べて見ました。

194203
中型機セット。
左の飛龍は中ボス的な存在で、倒し続けて行くと点数が500点ずつ上昇し最高9000点にまでなります。当時のシューティングでこのようにゲーム的なフィーチャーを持ったものは少なかったと思います。
他の中型機は様々な隊形を維持しながら飛行する事で、画面に彩りを加え単調を破る役目を担っています。

194204
弥七セット。
カプコン処女作のバルガスから既に登場している弥七ですが、本作から出自した印象の方が強いですね。

キャラクターがそれぞれ或るひとつの色を基調として作られている為に、描き込まれていてもシンプルに見えて美しく感じられます。ゼビウスとの相違は白色を極力排除する事で得られたセミグロスな光沢でしょうね。以降、他のメーカーもこれに倣った手法を揃えて行くようになりました。
カプコンの登場と台頭がアーケードゲーム界に与えた影響は測り知れませんね。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2006.04.30

mame icons 10

Sonson00

今回はソンソンのアイコンを作って見ました。

「sonson.zip」をダウンロード

(圧縮状態で350kb、展開すると1300kbになります)

使用する際は拡張子を残して、以下のディレクトリ名に書き換えてからiconsフォルダに入れてMAMEを起動して下さい。

● sonson
● sonsonj

Sonson01
シンプルな残機表示のソンソントントン

Sonson02
個人的に大好きなエリマキトカゲとヒバリのミソラ

Sonson03
三蔵法師が今まさに極意を入手しようとする瞬間。

ボーナスフルーツを含めて登場する全キャラクターのアイコンを作る積もりだったのですが、大根(小)とアメリカンドッグ(大)を作り忘れてしまいました。敢えて使用するようなキャラではないと思うので放って置いても良いかな。
ソンソンは1984年のカプコン初期作品のひとつです。まだ同社の得意とするグラフィックの細かな書き込みは見受けられませんが、キャラの造形と彩色の巧みさを充分に感じ取る事は出来ますね。


---------------------------------------------------------------------------------------------
独り言
私個人が楽しむ為に作っている程度のものを一応アップしていると云った感じですので大目に見て下さいませ。

プロフェッショナルな出来映えのアイコンが欲しい方はこちらへどうぞ。

MAMu’s MAMEICONS
http://www.mameworld.net/icons/
Mame32 QA Test and Art Dept
http://mame32qa.classicgaming.gamespy.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.29

mame icons 09

Xevious00

今回は私の中での大本命ゼビウスを作って見ました。

「xevious.zip」をダウンロード

(圧縮状態で120kb、展開すると600kbになります)

Xevious05
親セットを含め7種類の派生を持ちますので、上の画像にあるディレクトリ名を参考にリネームした上で、MAMEのiconsフォルダに入れたのち起動して下さい。

Xevious01
ソルバルウと6本ソルの図。

Xevious02
空中物セット。
xevious plusギャラクシアンも含めて見ました。

Xevious03
地上物セット。
ここには使っていませんが、アンドアジェネシスのように大きいキャラクターはアイコンにしてしまうと、どうしても絵が潰れちゃうんだよなあ……今後の課題ですね。

Xevious04
namco 印入りバキュラ飛来セット。
これもxevious plus に登場するキャラクターです。


今回アイコンを作る際に加工する都合上、ドット絵を拡大して改めてゼビウスのキャラクターと向き合って見たのですが、16×16ドットの制約を巧みに利用して出来る限りの工夫を凝らされた素晴らしい物だと痛感しました。
灰色を基調とした光と影の演出は現在にも参考に出来る完成度を誇っていると云えますね。アイコンには含んでいませんが、アニメーションパターンにも光と影の演出が確認出来て、その完成度の高さを見て取れます。
何よりもキャラクター全体の統一感が良く出来ています。貧弱なハードだからこそ生まれた制約と云う足枷をプラスに持って行く技術……現在のゲームが忘れてしまった過去の遺産がゼビウスには多く秘められています。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.04.28

mame icons 08

Baraduke00

今回はバラディークのアイコンを作って見ました。
魔界村の時と同様な理由により、パケットと隠れキャラなどを中心としたものになっています。

「baraduke.zip」をダウンロード

(圧縮状態で170kb、展開すると600kbになります)

使用する際は拡張子を残して、以下のディレクトリ名に書き換えてからiconsフォルダに入れてMAMEを起動して下さい。

● baraduke
● baraduka

バラディークのグロテスクさを表現するにはこのアイコンですかねえ。
Baraduke02

でも本命は可愛い仲間パケットくんで決まりかな? よく見ると彼ってば白目が青いっすね。正直キモイな……。
Baraduke03

こちらは同胞パケットを殺し続けると出現する開発者のKISSY氏とTAKKY氏です。スコア設定の低い本作にあって貴重な高得点を得られる隠れキャラとなっています。
Baraduke01


| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.04.27

mame icons 07

Gauntlet00

今回はアタリの名作アクションRPGガントレットを作って見ました。

「gauntlet.zip」をダウンロード

(圧縮状態で120kb、展開すると800kbになります)

先日リンク先のゲー夢エリア51さんにアップされているゆっきぃ氏のリプレイを見させていただいたのですが、今迄私自身がよく分かっていなかったガントレットのゲームシステムが判然としました。
敵により近接攻撃を利用したダメージを受けないゲーム進行、ダメージとフード体力回復の妙、魔法の使いどころなどは刮目に値します。
リアルタイムで遊んでいた頃は皆が皆、壁EXITの裏技を使って長時間プレイをしていたので、本当に上手いプレイを見た事がありませんでした。今回ゆっきぃ氏のリプレイを見た事で、ガントレットが連コインを準拠とした大味ゲームではなく、1コインで充分に楽しめるバランスを有した素晴らしい作品だったと云う事が判明しました。

もしリプレイを見られる環境でガントレットに興味のある方でしたら、絶対に見て損をしない内容だと思いますのでお奨め致します。

Gauntlet01

アイコンの方ですが、ガントレットは親セットを筆頭に20種類の派生を持つ大所帯です。
今回はその煩雑さを整理すべく国ごとにキャラクターを分けて見ました。
具体的には本国アメリカをウォーリアー、日本はウィザード、ドイツがバルキリー、スペインをエルフとして、2プレイヤー版に左向きのキャラクターを配置。
こうする事でぱっと見かなり分かり易くなったと思います。あくまで一例ですので各自お好きなアイコンを使って下さいませ。
下は大きいアイコン表示にした場合です。

Gauntlet02

また以下のようにすると当時の多くが行っていた壁EXITに見えます。長時間プレイを約束するこの技は、オペレーターに大変迷惑なフィーチャーだったと云えるでしょうね。

Gauntlet03


Mon Weblog présentant, merci de emu-France

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.04.26

mame icons 06

Makaimura00

今回は魔界村のアイコンを作って見ました。

「makaimura.zip」をダウンロード

(圧縮状態で100kb、展開すると550kbになります)

以下がグループ化した際の並び順ディレクトリ名となっていますので、お好みに応じてリネームした上でiconsフォルダに入れてMAMEを起動して下さい。

● gng
● gnga
● makaimuc
● makaimug
● makaimur
● gngt

80年代初期から中期までの8×8、または16×16ドットのキャラクターはアイコンを作るのに最も適した素材であると云えますが、それ以降のカプコンを代表とする新興ゲームメーカーの手になる細かく描き込まれたキャラクターたちは、ことアイコン作成と云う事になると扱い難い素材であると云わざるを得ません。

アイコンとは元来の機能を考えると、ひと目見てそれと分かるシンボリックな存在でなければならない筈です。シンボリックな物とは得てしてシンプルな佇まいを提供するものと云えるでしょう。
この事実から魔界村のアイコン作成は難渋しました。
ご存知のように魔界村のグラフィックはそれまであったゲームのイメージを一新するほど素晴らしいものでしたし、大小様々なキャラクターは活き活きとしてゲームフィールドを駆け回る独自性を持ったものと云えます。

しかしアイコンの限られた枠内にどうしても上手く収まらないのです。魔界村は1986年の作品ですが、この頃になるとハードの表現力向上に伴い大きなスプライトが使用出来るようになりました。それ以前のように8×8、または16×16ドットの小さな枠に無理にでも納めなければならない必要性が薄れた事が原因だと思います。

極端に云うと64×64ドットの枠内に収まるのならば、8×16ドットのキャラだろうが64×8ドットのキャラだろうが構わないと云う融通性が生まれた訳です。これの意味するところは、それまでにあったキャラクター作成に於ける黄金律が崩壊したと云う事実に他ありません。また多関節キャラの存在がそれに輪を掛けました。

同時に表現力の向上も手に入れたのですから、これが悪い事と云う訳ではありません。しかし複雑になった分の扱いが難しくなり、同時発色数の増えた事も合わさる事で、シンプルから生ずるシンボル性を失ったのは事実であると思います。
例えば100万色が使えるハードを与えられた時、一色のみで表現出来るパックマンのキャラクターを作るには多大な勇気が必要となるからです。

と云う訳で長い前置きでしたが、魔界村は今迄のアイコンのように登場キャラクターをメインに作成する事が出来ませんでした。レッドアリーマや一角獣、ドラゴンからサタンと素晴らしいキャラには事欠かないのですが、どうしても枠内に収まらなかったり、収まっても表示が小さくなり過ぎて判別出来なかったりしてしまいます。
そのような理由で以下のような武器をメインにしたアイコンにして見ましたが如何でしょうか?

Makaimura01
グループ化

Makaimura02
大きいアイコン

海外版では十字架の代わりとなるを合わせると、ちょうど派生ゲームと同数の6種類となります。これはこれでスタイリッシュなアイコンになったかなと思います。
マニアな方のためにはプリンセスのカボチャパンツも用意して置きましたので使って下さいませ。

Makimura03

| | Comments (3) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧